2014.04.18

やんちゃなダンス・トラックをメロディアスに仕立て続けてきたIdiot Popだが、新作はポップスの領域にグッと歩み寄った一枚に。多彩なビートのインスト群も楽しいが、shoko eidalines)や松田岳二らを迎えたキャッチーなヴォーカル曲に耳を奪われる。とりわけスーダラ少年こと松崎ケイスケが歌うバラード“君のことが知りたくて、君のことを夢にみる”が、普遍的でありながら強い野心を感じさせる名曲だ。

40周年 プレイリスト
pagetop