ジョエル・オーティス、いまにもKRS・ワンが飛び出てきそうな圧の強いビートに殴りかかるマイクの無骨さに古き良き男気感じられる新作

2016.05.27

スローターハウスの新作を待ち疲れる暇もなく、キング・クルキッドロイスら個々の攻勢は続く。イルマインドとの『Human.』から1年足らずで投下されたジョエルの新作は、重鎮ドミンゴ主宰のザッツ・ヒップホップ発。いまにもKRS・ワンが飛び出てきそうな圧の強いビートと、そこに殴りかかるマイクの無骨さは、クールGMOPといった助っ人の顔ぶれからもわかる通り、古き良き男気を帯びたものだ。タフでナンボのこの世界!

関連アーティスト
TOWER DOORS