EVENT & LIVE REPORT

SiM主催〈DEAD POP FESTiVAL 2016〉DAY.2 灼熱の空気をさらに熱くするCHAOS STAGEの模様をレポ!

Page 5 / 8

04 Limited Sazabys

バンドの好調さを裏付ける、前のめりのエネルギーで爆走

前日に、セカンド・シングル『AIM』を携えた〈AIM tour 2016〉のファイナル公演を満員御礼の東京・豊洲PITにて最高の形で締め括った、名古屋発の4ピース・メロディック・バンド、04 Limited Sazabysが〈CHAOS STAGE〉に登場。この1年の間にパンク/ラウド系からロック/ポップス系フェスまで、さまざまなイヴェントに出演し、しっかり新たなファンを獲得、自分たちのツアーへと引っ張り込んでいる状況だ。とにかく、いいライヴが続いている。そして初参加となった今回の〈DPF〉、GEN(ベース/ヴォーカル)いわく、〈この間の対バン・ツアーでSiMに出てもらって、正直こてんぱんにやられました。今日はやり返そうと思います〉と、4人共に相当力が入っている。前日のツアー・ファイナルの良い余韻も、確実に背中を押しているのだろう。

のっけの“Remember”、続く“fiction”と、ドライヴ感のあるアンサンブルでオーディエンスを乗せていく。KOUHEI(ドラムス/コーラス)の生み出すアグレッシヴなビート、HIROKAZ(ギター)とRYU-TA(ギター/コーラス)による重厚なギター・アンサンブルが気持ち良く、その音の馬力でハイトーンのGENのヴォーカルと爽快なメロディーが会場を駆け抜けていくのが最高だ。

〈DEAD POP FESの沸点、絶頂に達したい〉というGENの言葉に続いてプレイした“monolith”ではサークルが出来、あちらこちらでペットボトルの水しぶきが上がって日差しにキラキラと光る。〈SiM、こんないい場所に立たせてくれて、ありがとう〉とGENは言い、自分たちも主催フェス〈YON FES〉を立ち上げたこと、〈DPF〉をはじめ、10-FEETの〈京都大作戦〉、HEY-SMITHの〈HAZIKETEMAZARE〉といったイヴェントがとてもいい影響となっていることを語った。そして〈下の世代に、高い壁としてその背中を見せてくれる〉と付け加えると、迸る想いをそのまま音に託し、〈もっともっと行ってみる?〉とみずからの背中を押すように“climb”“swim”へ、微塵もスピードを緩めず加速する。いまのバンドの勢いと前のめりのエネルギーそのまま、と言える爆走を見せた04 Limited Sazabysだった。 *吉羽さおり

SET LIST
1. Remember
2. fiction
3. cubic
4. monolith
5. nem...
6. midnight cruising
7. climb
8. swim

TOWER DOORS
pagetop