J-TARO 『Coelacanth』 崇勲やチコカリも参加、シーラカンスの如く時代を超越して親しまれていく一枚

2018.02.14

埼玉は春日部を根城とするビートメイカーの初作。そのディグぶりと空間処理能力に長けてる姿勢は、ソウル、ジャズ、ファンクなどさまざまなソースを再構築したインストで発揮。崇勲、TKda黒ぶちなど人気ラッパーも参加し、ONE a.k.a. ELIONEがスピットする“Fly”、ソウルフルなトラックでCHICO CARLITOがフロウする“Ratel”など、まさにシーラカンスの如く時代を超越して親しまれていく可能性を秘めた一枚だ。

TOWER DOORS