2018.03.15

モデスト・マウスやシンズ、マン・マンに在籍していた実力派から成るUSインディー界のスーパー・バンドがまさかの2作目を投下。60sガレージ・ロックや70sクラウトロックの古典を手本とたうえで、メンバーのキャリアが透けて見えるようなサイケ・フォーク味をなめしている点が素晴らしい。演奏部分で実験しつつも、歌に重きを置いているので聴きやすく、これはエンドレスでリピートしたくなる!

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop