MINAKEKKE “Luminous” ループされる冒頭のフレーズが強い印象を残す、待望の新作からの先行曲

2019.07.03

シンガー・ソングライター、ユイミナコのソロ・ユニットが約2年半ぶりにリリースする新作『OBLIVION e.p.』から、曲中でループされる冒頭のフレーズが強い印象を残す先行シングル。同曲は、シンプルな構成ながら空間を感じさせるトラックをさまようエモーショナルな歌唱が、一筋の光が差し込むように神々しく、美しい。全面プロデュースは橋本竜樹が手掛けたほか、ミックスに葛西敏彦、マスタリングに風間萌、ドラムスに堀正輝と、前作のファースト・アルバム『TINGLES』(2017年)からの縁ある面々が、ダーク・ファンタジックな彼女の世界観により深みをもたせている。

気鋭の映像ディレクター、Rachel Chie Millerによるミュージック・ビデオでは、どことなく艶っぽいムードを纏った新・MINAKEKKEの魅力を引き出している。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop