ターマノロジー&デイム・グリース 『Set In Stone』 ヒップホップ新古典主義を貫くラッパーがラフ・ライダーズ立役者とタッグ

2019.10.24

ヒップホップの新古典主義を貫くターマノロジーが、過去にも何度か絡んできた大ヴェテランとタッグ作を発表。デイム・グリースといえばDMX“Get At Me Dog”などを手掛けてラフ・ライダーズ勃興期の立役者となった人だが、ここでは懐かしいゴツゴツした手捌きも織り交ぜつつ、主張しすぎずにオーセンティックで渋みのあるトラックを多様に作り分けている。バンB、ヴァドー、イージー・マネーらゲスト陣の美意識にも好感。

関連アーティスト
TOWER DOORS