2020.06.03

Netflix配信映画ながらヴェネチア映画祭グランプリやアカデミー賞3部門受賞したことで話題となった本作が今度はソフト化の快挙! 『フェリーニのアマルコルド』を想起させる70年代のメキシコシティを舞台にした監督アルフォンソ・キュアロンの少年期を投影した“小さな”作品。しかしながら、家具から登場人物の医者など“本物”を揃えたり、台本なしで役者(ほぼ素人)との話し合いで順撮りしたという“リアリズム”の徹底ぶりが超絶技巧の長廻しや劇伴なしの音設計の完璧さと相まって逆説的に“人工性”をも醸し出すあたりが『セロ・グラビティ』などと同様のキュアロン作品というべきか。170分越えの特典映像収録が嬉しい。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop