ザ・サーフ・コースターズ『エクストラズ』音楽ライター近藤正義の監修盤で〈エレキ・ギター〉の美学を再確認

2020.09.16

〈エレキ・ギター〉に造詣が深い音楽ライターの近藤正義氏の監修ならではの企画コンピ。日本の音楽シーンの中では数少ないサーフ・インスト・バンド、ザ・サーフ・コースターズが2000年~2012年、ハードなサウンドでロックしていた音源で構成。Free Ride Edition第3弾、デビュー25周年記念盤。現代のサーフ・ミュージックを追求してきた中シゲヲのソリッドなギター・プレイに〈エレキ・ギター〉が本来持っている音色の美学を再確認できる。個人的にはフレッシュなギター・サウンドを聴いて、久々にギター・アンプにダイレクト・インしてギターを鳴らしてみたくなりました。

TOWER DOORS
pagetop