PR
コラム

映画「ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった」ディランらの証言を通して波乱に満ちた旅路を描く初ドキュメンタリー

©Robbie Documentary Productions Inc. 2019

兄弟のような絆で結ばれ、唯一無二の音を奏でたザ・バンド。
その波乱に満ちた旅路を描いた初めてのドキュメンタリー映画

 昔々、兄弟のような絆で結ばれたバンドがいました。彼らは長い旅をして理想郷を見つけたものの、やがて傷つけあい、最後には悲しい別れをしたのでした……。60年代のロック・シーンに大きな影響を与えたカナダのバンド、ザ・バンドの物語は、ロック・バンドをめぐる寓話のようでもある。2016年にメンバーだったロビー・ロバートソンが「ロビー・ロバートソン自伝 ザ・バンドの青春」を出版。それをもとに制作された、ザ・バンドをめぐる初めてのドキュメンタリー映画が「ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった」だ。映画にはロビー・ロバートソンが登場。彼の発言を中心に、ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ブルース・スプリングスティーン、マーティン・スコセッシなど、ザ・バンドを愛した人々のコメントも交えながらザ・バンドの旅を振り返っていく。

 アメリカ先住民の居留地で生まれたロビーは10代の頃にギターに夢中になり、ロカビリー・シンガー、ロニー・ホーキンスのバック・バンド、ホークスに加入する。そこで出会ったのが、バンドのリーダーだったリヴォン・ヘルムをはじめ、リック・ダンコ、リチャード・マニュエル、ガース・ハドソンといった面々だ。意気投合した彼らはロニー・ホーキンスのもとを離れて独立。しばらくドサ回りの日々が続いたが、そんな彼らの運命を変えたのがボブ・ディランとの出会いだった。ディランのマネージャー、アルバート・グロスマンの目に留まり、彼らはディランのバック・バンドを務めるようになる。

 ヒップスターとの共演で上昇気流に乗ったかと思いきや、当時、ディランはアコースティック・ギターをエレキに持ち替えたことで「ユダ(裏切り者)」と罵られ、行く先々で罵倒を浴びていた。演奏しても誰も聴いてくれない。しかも、結局、誰かのバック・バンド。そんな日々に疲れ果ててリヴォンは脱退。バンドに解散の危機が訪れるが、NY郊外のウッドストックに全員で引っ越したことが転機になった。都会の喧騒を離れ、〈ビッグ・ピンク〉と呼ばれた農場で共同生活を送りながらジャム・セッションに明け暮れる。それは彼らにとって至福の日々だった。リヴォンも戻ってきて、彼らは曲作りに没頭。そして1968年。ついにファースト・アルバムにしてロック史に残る名盤『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』を完成させる。

TOWER DOORS