PR
インタビュー

ハロー・フォーエヴァー(Hello Forever)、ビートルズ/ビーチ・ボーイズ直系バンドの意外な現代性とは?

デビュー作『Whatever It Is』を起点に黒田隆憲と岡村詩野が迫る

ハロー・フォーエヴァー(Hello Forever)、ビートルズ/ビーチ・ボーイズ直系バンドの意外な現代性とは?

米LA郊外を拠点に活動するバンド、ハロー・フォーエヴァー(Hello Forever)。ビートルズやビーチ・ボーイズといったサイケデリック・ポップ/ハーモニー・ポップの担い手たちに影響を受けた、独自のポップ・ミュージックを作り奏でている。そんな彼らが2020年9月25日に待望のデビュー・アルバム『Whatever It Is』をリリースした。

今回Mikikiでは、本作の魅力の源泉やハロー・フォーエヴァーのバックグラウンドについて掘り下げるべく、ライターによる対談企画を実施した。語り手は、「ビートルズの遺伝子ディスク・ガイド」を監修するなど、ビートルズ以降のサイケデリック・ポップ/ハーモニー・ポップに造詣の深い黒田隆憲と、自身が編集長を務める音楽メディア〈TURN〉にてハロー・フォーエヴァーのリーダーであるサム・ジョセフにインタビューを行った岡村詩野。対談は、ハロー・フォーエヴァーというバンドの多面的な魅力を照射しながら、コロナ禍以降の音楽受容のあり方にまで広がりを見せた。

また本稿は〈ハロー・フォーエヴァーを起点とした、ポップスの新たなディスク・ガイド〉としての側面も持っている。紹介されている古今東西の名盤と『Whatever It Is』を聴き比べながら、二人の濃密なダイアローグを楽しんでほしい。

HELLO FOREVER 『Whatever It Is』 Rough Trade/BEAT(2020)

TOWER DOORS