コリン・ホウソーン(Koryn Hawthorne)『I Am』90年代R&B的な音で聖俗の境界をまたぐゴスペル界の大器

2020.11.09

初作でチャートを制したゴスペル界の大器。2作目ということで憧れのメアリーJ・ブライジ『My Life』を意識したのか、そこでも引用されたドニー・マクラーキン曲使いの“Speak To Me”での幕開けから芳しい90年代R&Bテイストが薫る。そのままメアリーの“You Bring Me Joy”を用いた“Joy”への流れも麗しい。同曲を手掛けるキャンパーや続投のトロイ・テイラーらが主役の持ち味を活かし、前作以上に聖俗を超えて楽しめる快作。

関連アーティスト
TOWER DOORS