VivaOla『STRANDED』新鋭SSW/トラックメイカーがR&Bを基調に聴かせる色彩豊かなビートの混交

2020.12.02

2019年のEP『Bloom』でその名を知らしめたシンガー・ソングライター/トラックメイカー/マルチプレイヤーによる新たなミニ・アルバム。90年代~現行のR&Bのフォーマットを基調としながら楽曲ごとにさまざまなアプローチに挑んでおり、小気味良いエディットのブレイクが轟く“Superficial”、ジャジー・ヒップホップ調の“Tokyo Syndrome”、ラテン~ダンスホール・レゲエ的な“On My Side”、日本語詞を乗せたニュー・ジャック・スウィング“One of these nights”などなど、ヴァリエーション豊かなビートの混交が楽しい。J-Pop的なエモさを内包したバラードなども取り揃えており、ジャンルレスなポテンシャルを感じさせる一枚だ。StarRoとZINを迎えたリミックスも収録。

 

関連アーティスト
TOWER DOORS