TOWER DOORSブログ

VivaOlaにTOWER DOORSから6つの質問 ボストンから次世代R&Bをけん引する、アート・コレクティヴSolgasa所属の新鋭SSW

VivaOlaにTOWER DOORSから6つの質問 ボストンから次世代R&Bをけん引する、アート・コレクティヴSolgasa所属の新鋭SSW

こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。

TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力に迫るメール・インタビュー企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記の再生リストにまとめてあります。

★TOWER DOORSチャンネル登録はこちら

今回登場してもらうのは、VivaOlaです。TOWER DOORSは彼の“Runway”という楽曲を紹介しています。

VivaOlaは、現在米ボストンのバークリー音楽大学に在学中のシンガー・ソングライター/プロデューサー。Wez AtlasTommi Cranemichel koといった、いま注目のアーティストが所属する、東京の音楽/アート・コレクティヴ〈Solgasa〉の一員でもあります。

そんなVivaOlaは、2019年にデビューEP『Bloom』を、2020年6月にデビュー・アルバム『STRANDED』をリリース。どれも洗練された作品で、すべてセルフ・プロデュースということからは、彼の計り知れない力量が伝わってきます。

注目すべき点は、現代的で巧みなポップセンスとワールドワイドな視野の広さです。R&B/ソウルのスムーズさ、ヒップホップのビート、ラテン・ミュージックのリズムなど、多様な音楽のエッセンスを組み合わせて彼が作り上げる楽曲は、秀逸なものばかり。そこにVivaOlaの透明感あふれる澄み切った美声が重なり、彼の音楽はより磨き上げられたものになっています。

それでは、VivaOlaの魅力に〈6つの質問〉から迫っていきましょう。

TOWER DOORS
pagetop