Mikiki編集部員とTOWER DOORS担当・小峯崇嗣が最近トキめいた邦楽曲をレコメンドする毎週火曜日更新の週刊連載〈Mikikiの歌謡日!〉。今回は第77回です。紹介した楽曲はSpotifyのプレイリストにもまとめているので、併せてお楽しみください。 *Mikiki編集部

★〈Mikikiの歌謡日!〉記事一覧

Spotifyプレイリスト

 


【天野龍太郎】

PUNPEE feat. 5lack “Wonder Wall”

(私的に)今週の一曲! 板橋の兄弟がやってくれました。〈玉々同じの穴兄弟です〉〈薄い壁を隔て 俺のAV勝手に盗むなよ〉〈見た目が違う俺ら2人は、道外れた弟の様でさ〉などなど、最高なラインばかり。PSGの『DAVID』(2009年)から11年、思えばずいぶん遠くまで来ましたね……。なんて、勝手に自分のことのように感慨深く思いました。泣ける。PUNPEEのニューEP『The Sofakingdom』から。

 

GOODMOODGOKU “Playlist”

GOODMOODGOKU、2020年のシングル第3弾は、なんとダンス・ナンバー。ドレイクの“Passsionfruit”みたいですね。YouTubeのコメントに〈君はMY Favorite playlistって歌詞やばいな〉と書いてあるのですが、まったくの同感。ちょっと意味がわからないところも含めて最高。配信リンクはこちら

 

Leon Fanourakis “NO LIGHTS / TOBASE!”

この国のラップ・シーンのジョーカーの一人、Leon Fanourakisから届いた2つの新曲。地下で蠢動するダークな欲望が吐き出されています。配信リンクはこちら

 

LEX “Romeo & Juliet”

LEXのニュー・アルバム『LiFE』から、甘くてファンキーなラップ・チューン。LEXって、曲によってぜんぜんちがう顔や魅力を見せてくれる、不思議なラッパーだと思いました。『LiFE』では、大好きなC.O.S.A.が参加した“F*CK (feat. C.O.S.A. & ACE COOL)”がお気に入り。

 

ODOLA feat. 城戸あき子 “Bathtime”

Pamくん × 沼澤成毅くんのODOLAが、10月14日(水)、ついにファースト・アルバム『Grooovin’ Blue』をリリース! そちらから、元CICADAの城戸あき子さんをフィーチャーした一曲のミュージック・ビデオが発表されました。Pamくんのビートと沼澤くんのエレピの見事なコンビネーション、どんどん洗練されていっていますね。配信リンクはこちら

 

Tsudio Studio feat. HALLCA “Promise of Summer”

Tsudio Studioさんの新曲は、なんと元EspeciaのHALLCAさんとコラボレーションしたもの。びっくりしました。ドリーミーなサウンドとオートチューン、ノスタルジックなメロディー、サックス・ソロなどなど、あいかわらずツジオさんのシグネチャー・サウンドが素晴らしい。〈次こそは最高の夏にする〉というのは、今年誰もが思っていることかも。猫 シ Corp.のリミックスも最高! 12インチ・シングルもLocal Visions × Hiraeth Recordsでリリースされます

 

Kaede “ジュピター”

NegiccoのKaedeさんがリリースする9月8日(火)にリリースするミニ・アルバム『秋の惑星、ハートはナイトブルー。』から、ウワノソラの角谷博栄くんが手掛けた楽曲が届けられました。ラテン調のAORで、メロディーは角谷くんらしい、清々しいもの。緩急自在のアレンジも感動的。

 

YOASOBI “群青”

ブルボン〈アルフォート〉のCMソングだというYOASOBIの新曲。エレクトロニックなサウンドと分厚いユニゾンのコーラス(人の生の歌声)が組み合わさった、無機性と有機性を行き来するハイブリッドな感覚がおもしろい。

 

evening cinema “純愛のレッスン”

evening cinemaが先日リリースしたミニ・アルバム『AESTHETICS』から。原田夏樹さんのヴォーカルの、もんのすごい色気といったらないです。

 

Naive Super feat. sugar me “Keep Mine No Hidden”

Pictured Resortなどで活躍するYushi Ibukiによるソロ・プロジェクト、Naive Super。sugar meを客演に迎えたこの新曲はドリーミーな浮遊感と、現実の都市の生活感覚とが同居しているような、不思議なサウンド。配信リンクはこちら

 

【鈴木英之介】

Gotch “You”

デッドなドラムの響きとクリーン・トーンのギターの間から現れる、ソフトなGotchの歌声にまず意表を突かれ、心を掴まれてしまう。そしてその声で紡がれるメロディーも上品な甘さをたたえており、良質だ。またそれらを肉付けするアレンジや音作りにも、バンドのときとは明確に異なる志向性とこだわりが感じられる。USのインディー・ロックと日本のシティ・ポップをブレンドしたような、メロウでありながらエッジのきいたそのサウンドは、彼のレーベルに所属する岡田拓郎の『Mornig Sun』辺りにも通ずるかもしれない。

 

Ogawa & Tokoro “Shinmaiko”

名古屋の大学生2人による宅録ユニットがカクバリズムから放った、極上のバレアリック・チューン。洒脱なコード展開や波音のエフェクト、くぐもっていて浮遊感のあるギターの音色などから、細野晴臣・鈴木茂・山下達郎による名盤『Pacific』やスティーヴ・ハイエットの『Down On The Road By The Beach』(邦題『渚にて…』)に通ずるようなリゾートムードが感じられる。旅行に出ることもままならぬ今だからこそ、目を閉じてこの音世界に身を委ね、イメージの旅を楽しみたい。

 

牛尾憲輔 “a shelter”

agraph名義でも活躍する電子音楽家が手掛けた、Netflixオリジナル・アニメ「日本沈没2020」のサウンドトラックからの一曲。大きな流れをなしている楽曲群のなかから一曲だけを切り出して紹介することにどこまで意義があるのか心許ないが、個人的に全41曲のうち最も牛尾の美意識が凝縮されていると感じた一曲をここにあげた。繊細なノイズが織り成す層の隙間に美しいピアノの打鍵音が響くさまが、近年の坂本龍一の作風を想起させる。作品鑑賞後に聴いて音楽と紐づけられたシーンを追想するのももちろん良いが、あえて作品を観ずに音だけを聴いてあれこれと想像を巡らせるのもまたオツなものかもしれない。

【小峯崇嗣】

VivaOla “Runway”

現在米ボストンのバークリー音楽大学に在学中のシンガー・ソングライター/プロデューサー、VivaOla。Wez AtlasやTommi Crane、michel koといった、いま注目のアーティストが所属する、東京の音楽/アート・コレクティヴ〈Solgasa〉の一員でもあります。

R&B的でしっとりしたメロディーと現代的で洗練されたポップさが入り混じったサウンドに、彼の透明感あふれる澄み切った美声に圧倒されます。彼にはメール・インタビュー〈6つの質問〉を行っていますので気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

SORI “隔靴掻痒”

愛知出身で、現在は東京を拠点に活動するSSW、SORIのシングル“隔靴掻痒”。シンプルなアコースティック・ギターの弾き語りによる心地良いストロークとリズムに、心に突き刺さるような甘美で琴線に触れる鳥肌モノの歌声がたまらない一曲です。

 

Wu Mang “ミラー”

YOUR ROMACE、MISTAKESのメンバーとして活動した宮内シンジのソロ・プロジェクト、Wu Mangが新曲“ミラー”をリリースしました。80年代ののシンセ・ポップ・サウンドをベースにソウルやファンクなども織り交ぜたスムースで軽やかなメロディーに、耽美でシルキーな歌声に包まれる一曲です。

 

Miyna Usui “Seek Me Hiding”

米NY生まれ、大阪育ちのSSW、Miyna Usuiのシングル“Seek Me Hiding”。イントロから芯がありながら、繊細で妖艶な歌声に、ミニマルでダークなネオ・ソウル・サウンドに酔いしれます。リアン・ラ・ハヴァス(Lianne La Havas)を好きなリスナーにぜひおすすめしたいです。

 

【田中亮太】

Homecomings “Living Life(Live at Tokyo Kinema Club)”

昨年4月に東京キネマ倶楽部で開催したワンマン〈SLOW SUMMITS〉より。ダニエル・ジョンストンの名曲を、弦楽四重奏を加え流麗なチェンバー・ポップとしてカヴァー。めっちゃいい……。なお、このカヴァーは現在受注受付中のスペシャル・ボックスセット『STAIRS』に7インチ・アナログ盤として封入される、とのこと。ホムカミのアートワークを支える名絵師、サヌキナオヤが腕をふるった『STAIRS』の詳細はこちらでご確認ください。9月25日までの受付なので、迷っている方もお早めに。

 

Turntable Films “A Day of Vacation”

Gotchさんのレーベル、only in dreamsに所属している京都出身の2人組が約2年ぶりの新曲をリリース。ポスト・ロック的な細やかなドラミングと華やかなホーン・フレーズが重なるモダンなチェンバー・ポップ。久しぶりに英語詞というのも嬉しい。歓喜の帰還。

 

PULPS “青い鳥”


大阪・八尾市出身のロック・バンドが10月7日(水)にリリースする『the the the』より。フィルムを模したザラついた映像、〈風街〉的な演奏。これはノスタルジー? ファンタジー? いや、たぶんそうじゃない。青い鳥は過去でも夢のなかでもなく、いまここ、にいるのだから。

 

どんぐりず “マインド魂”

マッシヴ・アタック“Teardrop”を彷彿とさせるような冷ややかでダビーなトラックがめちゃくちゃかっこいい。一見意味がないような言葉にはまったく無駄がない。今年後半、〈ゆうとりますけど〉マインドですべてを乗り越えたい。

 

NEHANN “TEC”

音楽のなかで閃光のように消え去りたい。やっぱりロックンロールはそう思わせてくれなくっちゃ。

 

【酒井優考】

パスピエ “SYNTHESIZE”

音楽って、すでにある既存のさまざまなジャンルと、最新の技術を取り入れながら進化していってると思うんです。ある意味それって〈synthesize=合成する、統制する〉じゃん。Mikikiのジャンルで大別するとこの曲も〈Rock〉なんだけど、そういう意味ではロックだけじゃなくEDMとか、ボカロとか、なんとなくラー・バンドっぽさもあるし、それらをも〈synthesize〉したもっともっと最先端のJ-Rockだと思います。すごいぞパスピエ!

 

New Biboujin & Soushi Mizuno “Lost”

僕と小峯さんがイチオシの3人組、New Biboujinがコラボ・シングル“Lost”と“Skin”をリリース。たしかに都市は疲れているけど、音楽のなかだけはストレスがまったく感じない。

 

Mnst. “にじいろワールド”

永山学と寺田創一a.k.a.OmodakaによるユニットMnst.が、Sarah Bonito(サラボニト/ケロケロボニト)をゲスト・ヴォーカルに迎え、初の楽曲“にじいろワールド”を3曲のリミックスとともに本日リリース。寺田さん曰く〈先天性免疫不全だった少女が何かに憑依されて後、突然強力な免疫能力を得て覚醒しちゃう架空の物語の歌で、物語のシーンに合わせて色々なバージョンがあります〉とのことで、特に気に入った2曲目の動画を。ベースがブリブリ効いていて最高です。そういえば昔のシングルはよく表題曲のリミックスが付いてるのがお得感があって好きだったなあ。

 

チアキ “スピンオフ”

なぜかSpotifyにもApple Musicにも出てこない(?)のでiTunesのリンクを(9/1現在リリースされていませんと出てますが、スマホでは買えました)。すでにMikikiで連載を持っていたことも懐かしいシンガーのチアキさんが新曲をサプライズでリリース。元気の出そうなシャッフル調のナンバー。相変わらず面白そうな動画企画もやってるみたいです。