PR
コラム

コンピ『S.W.I.M.』に集ったasmi、SPENSR、碧海祐人ら次世代の有望アーティストを紐解く

期待株がひしめくコンピレーション『S.W.I.M.』とは何か?

 さまざまな才能が国内外を問わず飛び出してくる昨今、〈ニューアイコンとなる注目のアーティスト〉を見つけ出すべく、ULTRA-VYBEによる新たなプロジェクト、S.W.I.M.がスタートした。〈S.W.I.M.〉とは〈Seek, Wonder, Iconic, Music〉の略で、素晴らしい楽曲や今後シーンのアイコンとなっていくアーティストを探していくという意味合いから名付けられたもの。そして、そのように音楽シーンに新しい波を立てるようなアーティスト全17組の楽曲をコンパイルしたのが、このたびリリースされる『S.W.I.M. #1 -polywaves-』である。

VARIOUS ARTISTS 『S.W.I.M. #1 -polywaves-』 VYBE MUSIC(2020)

 一口に新進気鋭といっても、収められた面々のキャリアも現状の知名度も活動拠点もサウンドの傾向もさまざま。オープニングをフューチャーR&B調の“Runway”で心地良く演出するのは、ボストン在住シンガーのVivaOla。続く福岡のYOHLUによる“&I”もすでに人気の都会派チューンだ。同じく福岡で活動するI’mの“BATHROOM”も同系統のメロウネスを備えた心地良いアップ・ナンバー。さらに福岡のアーティストという意味ではシンガー・ソングライターのAlex Stevensによる曲名通りの“BEACH HOUSE CLUB”もレイドバックしたチル加減がたまらない。

 他にも東京~ロンドン~NYを跨ぐコレクティヴのLaastcに所属するNY在住ラッパーのMÖSHI、R&B志向な大阪の男性シンガーであるPeggy Doll、サイケでチルな5人組バンドのAmerican Dream Express、配信曲がバイラル・ヒットしているカメレオン・ライム・ウーピーパイ、ヒップホップ・バンドのTOKYO RAVE GROUPIE、昨年『Jelly』が話題になったUNERI……と、単曲で話題の注目株から作品を重ねている人まで多種多様。

 受け手の嗜好や傾向がジャンル以上に大きい〈ジャンル〉を形成している現代において、今回のコンピもある種の統一感を備えた〈プレイリスト〉として楽しまれるものだが、〈S.W.I.M.〉がそれをわざわざフィジカルでコンパイルしている背景には、ここから聴き手の一人一人が聴き流されないお気に入りを見つけ出す入口にしてほしいという思いもあるに違いない。今回は『S.W.I.M. #1 -polywaves-』と同時に登場するasmi、SPENSR、碧海祐人の単独作品を紹介しておこう。 *轟ひろみ

TOWER DOORS