ナハワ・ドゥンビア(Nahawa Doumbia)『KANAWA』アフリカきっての歌手がダンス音楽ディダディとマリの現代ポップを融合

2020.12.16

昨年、81年のデビュー作が復刻され話題となったナハワ・ドゥンビアの6年ぶり新作。グリオの家系ではないもののずば抜けた歌唱力でマリ最高の人気歌手となり80年代後半には世界デビュー。傑作も多く今もなお人気の高い歌い手だ。夫N'gou Bagayokoを相棒にワスル地方の祭りで演奏されるダンス音楽ディダディとマリの現代ポップをンゴニ、ギター、パーカッションを中心としたアンサンブルで融合という基本路線は変わらずだが楽曲、歌声ともにひじょうに力強く、シンガーとして活躍する娘Doussou参加の影響かドラム・プログラミングになんとなくイマっぽさも感じたり。

 

関連アーティスト
TOWER DOORS