テレスコープス(The Telescopes)『Songs Of Love And Revolution』NYのノイズ・パンク勢に通じる先鋭的な音

2021.03.17

かつてクリエイションにも所属した伝説のシューゲイザー・バンドによる、通算12枚目のアルバム。近作で聴けたダウナーなノイズ・ロックの延長線上にある内容だが、楽器の音数も減って、よりギターの音が暴力的になった感もある。以前の持ち味だったドリーム・ポップではなく、むしろヴェルヴェット・アンダーグラウンドやソニック・ユースといったNYのノイズ・パンク勢に通じると言っていい聴き心地だ。

関連アーティスト