クレア・ラフー(Claire Laffut)『Bleu』シャネルを魅了したアイコンがフレンチポップやエキゾ好きのツボを突く

2021.11.11

シャネルも魅せられた存在感のある美貌、深いブルーの髪色。1994年ベルギーに生まれ現在はパリを拠点にモデル、またエフェメラルタトゥー・アーティストとして活躍するクレア・ラフー。すでにシングル、EPでフランス語圏を中心に強烈なインパクトでもってリスナーを魅了している彼女が遂にフルアルバム・デビュー。アンニュイな歌声とやや舌ったらずな歌い口がフレンチポップ好きの完全なツボ。ラテンポップをベースにトロピカル、アフロなども取り入れエキゾなムードもほんのりと醸す洗練された楽曲をプロデュースするのは同郷のアンジェルやルアンヌを手掛けるトリスタン・サルヴァティ。

関連アーティスト