(左から)Hal、Michal、Shibuki、Kohei

2021年7月にオリジナルアルバムとしては9年ぶりとなる『ArcheoNyx』をリリースしたANCIENT MYTH。海外のレーベルからのリリースやフェス出演、ツアーの実施で、ヨーロッパやアジアなど国外でも評価の高いシンフォニックメタルバンドだ。

『ArcheoNyx』ではMichal(ボーカル)がオペラ的なソプラノボイスを採り入れた他、Hal(キーボード)により壮大な楽曲アレンジが施され、さらにはShibuki(ドラムス)とKohei(ギター)という新メンバーの高い技術力も反映されるなど、文字どおりに〈新生〉したバンドの姿を強烈に印象づけたが、早くも次作のレコーディングに着手。そこで完成したのが、今回のミニアルバム『Ambrosian Blood』だ。

もちろん、シンフォニックなメロディックスピード/パワーメタル路線に変化はなく、バンドの好調な様子が音からも伝わってくる。また、付属DVDには、前作の“Chaos to Infinity”と“River of Oblivion”のミュージックビデオとメイキング映像、今夏のライブから4曲のステージの模様を収録。まさに現在進行形のANCIENT MYTHの姿がよくわかる内容に仕上がった。

『Ambrosian Blood』はいかにして生まれたのか。メンバー全員に話を訊いた。

ANCIENT MYTH 『Ambrosian Blood』 Repentless(2021)

 

アンブロシア=不老不死へ導く禁断の果実

――『ArcheoNyx』が出てから半年を待たずして、今回の『Ambrosian Blood』が完成しましたが、なぜこのような早いリリースタイミングになったんですか?

Hal「最初はMichalが作った、2曲目の“Forbidden Blaze”になる曲のデモがありまして、それを早く次の作品として出したいなと思ったんですね。だから、当初は〈シングルで〉という話もあったんですけど、MVやライブなどの映像素材もあったので、せっかくならそれらと合わせて、再録やカバーも含めた、もうちょっとボリュームのある作品にしようと。

そこでMichalから挙がったテーマがアンブロシア、つまり、不老不死へと導く禁断の果実で、まずはジャケットの写真を撮ったんですね。ただ、“Forbidden Blaze”の原曲は“Battle”という仮タイトルで、ゲームミュージックのバトル曲みたいなアップテンポのものだったので、ジャケットとこの曲調はちょっと合わないなぁと。ということで、もうちょっと妖しさ、ダークな感じに似つかわしい曲を新たに作ろうということになって、“Ambrosian Blood”が生まれたんですね」

『Ambrosian Blood』ジャケット

『Ambrosian Blood』収録曲“Ambrosian Blood”

――新たに書き下ろしたんですね。

Hal「そう。そもそもは“Battle(Forbidden Blaze)”を表題曲にするつもりで、ジャケット撮影の日も決まり、アーティスト写真の撮影も決まり、ドラム録りの日も決まり……。

その時点でまだカップリング曲もできていなかったんですが、よりジャケットに合うものを書いたほうがいいと決断したのはそのタイミングなんですよ。だから、実は撮影が終わってからドラム録りまでの3日間で書いたのが“Ambrosian Blood”なんです(笑)。Shibukiくんにはレコーディング当日の深夜1〜2時ぐらいに(新曲のデータを)送って……。こういうカッコいい画が来ちゃったからこそ、妥協したくなかったんですよ」

――まさにレコーディング直前に新曲を聴いて録るというのも、なかなか厳しい環境ですよね。

Shibuki「でも、『ArcheoNyx』のときは、ドラム録り当日の朝4時とか5時に2曲送られてきたんですよ。しかも、リードトラックとエンディング曲、要は主役級のやつですよね。それと比べたら(笑)、自分の中でいろいろ解釈する時間は前回よりありましたね。

実際、デモとして送られてきたフレーズから、自分っぽく変えたところもあって。たとえば、最初はサビがYOSHIKIさん(X JAPAN)ふうの2ビートだったんですよ。でも、曲のイメージに対して軽すぎると思って、2拍目、4拍目にスネアを入れる4ビートにしましょうと」

――ギターソロのバックのドラムのブラストビートもまたいいアクセントですよね。

Shibuki「デモの時点では同じ音階でコード内の音を上下する、スウィープみたいな感じのギターが打ち込まれていたんですけど、その裏でドラムがドンタンドドタンと叩いていると平坦でつまらないなぁと思って、足を16分(音符)で踏んで、手は同時で8分という、ドラゴンフォースのデイヴ・マッキントッシュがよくやってた、自分の一番好きなブラストを入れて(笑)」

Kohei「僕もデモ自体は同じようなタイミングで送ってもらったんですが、その後にドラムを録り終えてエディットしたものを流しながら、ギターのレコーディングに入った感じなので、Shibukiくんよりは時間はありましたね(笑)。

前作のときは、曲が出揃っている中でANCIENT MYTHに加入したので、レコーディングではデモのアレンジをなるべく忠実に表現したんですけど、今回は作曲者が再現して欲しいものを元に、好きにやらせてもらったところは多いと思うんですよ。たとえばギターソロなどに関しても、録りながら、その場でリアルタイムにHalさんと擦り合わせて進めていって。その意味では、より自分の色を出すことができましたね」

――確かにギターソロパートはより奔放なフレージングになっていますね。

Kohei「特にテーマやメロディー自体を崩すと、楽曲の世界観、構成自体が変わってしまうので、コードからそこまでかけ離れず、速弾きの中での起承転結を考えたりしました。たぎるようなパターンというか、ギターソロの中でもだんだん音数が増えてハイポジションに行ったりとか、自分らしい落とし所を考えてアレンジしましたね」

Michal「『ArcheoNyx』の曲は、私とHalの間で出来上がっていたものを落とし込んでいくパターンでしたけど、今回はShibukiとKoheiと一緒に考えながら、現在進行形で作れたからこそ、二人のよさは結構出せたのかなぁと。スケジュールはバタバタではありましたけど(笑)」

――そういった限られた時間の中でも対応できる二人の存在は、バンドにとっても心強いですよね。

“Ambrosian Blood”が描く不老不死の生き物と人間の運命

――少し話が戻りますが、なぜアンブロシアをテーマに採り上げることになったんですか?

Michal「偶然なんだと思うんですけど、ANCIENT MYTHって、私が加入する前(2008年以前)から、作品のタイトルは〈A〉から始まってたんですよね。だから、このまま〈A〉シリーズを続けようと思って、自分が気になる〈A〉から始まるキーワードを必ずメモするようにしてたんです。その中で、アンブロシアについてもずっと温めていたんですけど、今回、Halに相談してみたんですよ」

Hal「語源なども含めて改めて調べ直したんですよね。〈ambrosia〉が形容詞になると〈ambrosian〉で、〈味がとても良い〉みたいなニュアンスもあって。そこで〈blood〉という言葉と結びつけることになったんですよ」

『Ambrosian Blood』トレーラー

Michal「私もHalもメタルらしいアイコン的なものが好きだから、〈『ambrosian』で『blood』って、カッコよすぎない!?〉なんて言ってて(笑)。音楽性は自分たちとは違いますけど、クレイドル・オブ・フィルスとかディム・ボルギルとかは、むちゃくちゃビジュアルがカッコいい。耽美かつ妖艶であるだけではなく、ちょっと血とかも出ているような映像を作りたかったところに、上手く〈Ambrosian Blood〉というタイトルも浮かんできたので、これはもう悪魔的な方向性で行くしかないと思って」

――“Ambrosian Blood”になる曲のデモが上がってから、実際に歌詞を書き始めたと思うんですが、おそらく何かしらの構想もあったのでしょうね。

Michal「題材にしようとしているものが決まっているから、何となくストーリーは考えてたんですけど、最初は不老不死の主人公だけが一人称で歌ってる感じだったんですね」

Hal「ただ、このジャケットには二人の人物が写っていましたし、メロディーの起伏で上手く分けたら、ストーリー的な連なりが出るかなと思って、会話形式になるように作り込んでいった感じですね」

Michal「登場人物は不老不死の生き物と人間なんですけど、二人の間には、ものすごい信頼関係が出来上がっていて、あるとき人間のほうが、〈これを食べると不老不死になる〉とは伝えられずに、ジャケットのように目隠しをされちゃったんです。この不老不死の生き物は、それまでも人間と親しくなって、いい関係を築いてきていたんですが、人間は必ず死んでしまう。そこで禁断の方法ではあるんだけども、不老不死になる果実を、騙してでも自分の愛する人間に食べさせることを思いつくんです。そうすれば、二人は永遠に生きられる。

でも、MVでは、歌詞のとおりではなく、同じ世界観の中にあるアナザーストーリーになっているんですね。人間のほうは、不老不死になるかどうかをすごく迷っています」

――最終的に女性は果実を口にしていますよね。

Michal「そうですね。食べたらもう迷いは吹っ切れて、永遠を共に生きていこうと」

――歌詞には書かれていないその後の話も気になってきます。

Michal「どうなるんでしょうね。というのも、不老不死の生き物が出てくる作品をいろいろ読んだり観たりしたんですけど、たとえば、『ロード・オブ・ザ・リング』だと、エルフという不老不死の種族がいて、この世にいることに疲れた彼らは西のほうに向かうと描かれてるんですね。その〈西のほう〉というのは、不老不死の人たちだけが選択できる天国みたいなところに相当すると思うんですが、きっとこの二人も、他の人間たちと同じ世界にいるのがしんどくなったら、そういうところに行こうかと話し合ってるんじゃないかなと。私の想像ではそう思います。そういう希望は残してるんです」

――現実社会でも、たとえば薬の開発というのは、生への欲求に応えるものですよね。不老不死とは幸せなものなのか、そういった問いかけをする曲でもあるかもしれません。

Michal「大切な人と一緒にいるからこそ残せる思い出というのは絶対にあると思うんです。とはいえ、この歌詞の中にもあるように、見送る悲しみってめちゃくちゃ辛いじゃないですか。誰しも人生を積み重ねていくと、肉親の死を経験しますが、そういったところで改めて気付かされることもありますよね。自分を知ってくれている人がこの世に存在することこそが、もしかしたら自分の存在意義なのかなとか。多分、誰も自分のことを愛してくれない、自分が愛してあげることもできないという中で孤独に生きていくのは、しんどいと思うんです。

この主人公にしても、仮にまた他の誰かと仲良くなったとしても、相手が人間だったら、必ず先に死なれてしまう。永遠にこんな悲しいことが繰り返されるのかと思うと……。何となくこの曲はハッピーエンドにはなってますけど、やっぱり根本には、不老不死であることの埋められない孤独感みたいなものがあるんですね」

“Forbidden Blaze”で奏でる巨人プロメテウスと愚かな人間の物語

――当初は“Battle”という仮タイトルがついていた“Forbidden Blaze”は、巨人・プロメテウスが火を人類に与えたという神話をテーマにしたとのことですね。

Michal「歌詞が出来上がるよりも前にシンガロング的なところは出来上がっていたんですが、“Battle”という言葉から物語を考えていたときに、人間に火がもたらされたから戦争も起こったのかなと思ったんですね。

神話上、〈巨人族〉という、神々にはすごく近いけれど、神々ではない存在がいるんですが、彼らも不老不死なんです。そもそもゼウスが〈人間に火を教えたら、悪いことする〉と忠告していたんですが、その〈巨人族〉の中にプロメテウスという者がいて、人間が大好きだったプロメテウスは、火がないとかわいそうだなと、ゼウスを騙してまでも、人間に火を与えてしまう。その結果、やはり戦争が起こったり、人間が武器を作り始めたりしたので、ゼウスは激昂して、プロメテウスを山に縛り付けて、毎晩、怪物に彼の臓物を食わせるという拷問を繰り返すんです。でも、不老不死だから、臓物を食べられても、再生してしまう。つまり、拷問も永遠に続く。

不老不死の苦しみという意味でも、“Ambrosian Blood”と共通するところがあるんですが、この曲の歌詞はプロメテウスの声ではなく、第三者目線で書かれたものと言いますか、〈我々の大事なプロメテウスは人間に恩恵を与えようとしたのに、あんな目に遭わされてしまった。やはりお前たち人間は愚かだったのだ〉という歌なんです」

――ギターはこちらの曲のほうがより自由度が高そうですね。

Kohei「そうですね。たとえばそのシンガロング系のところでも、前半はデモでHalさんが打ち込んでいたMIDIどおりの音程なんですけど、自分の味も出すアプローチをしつつ、2回目に出てくるときにはオクターブを下げて、キラキラしているというよりは、ちょっと厚みのあるジューシーな感じで、チョーキングやタッピング入れてみたんです。僕はそういったシンガロングとのギターの絡みが好きなんですよね。

ギターソロもこっちのほうが尺は長いんですが、終わりに近づくにつれて、音数が減ってメロディーだけになる。そこだけでも起承転結のある物語として聴けると思いますし、“Battle”と呼んでいただけに熱い曲になりましたね」

Shibuki「ドラム的には“Forbidden Blaze”のほうが、レコーディングは大変でしたね。まずキメがすごく多い。それからテンポですね。“Ambrosian Blood”はBPM 188で、普通にスネア、ハイタム、ロータム、フロアタムって回して叩くだけで、ある程度は様になるんですけど、BPM 155のこの曲の場合、それだとつまらないんですよね。だから、エフェクト系のシンバルを16分の裏(拍)に入れたり、フィルも奇数割りにしたりして、ちょっとトリッキーにアレンジしました。

リスナーとしては、ギターソロのバックのオケパートがめちゃくちゃカッコいいんですよね。すごく豪華で、Halさんの仕事ぶりが見えるところだと思うんですよ」

Hal「あのいっぱい楽器を入れちゃってるところね。

もともとMichalの作ったデモは1分ぐらいの長さだったんですが、その時点であったシンガロングのメロディーをどれだけ盛り上げるかが課題だったんです。そこで、まずイントロにあったそのメロをサビにも間奏にも使いつつまとめていきました」

ライブの定番にして名曲“Astrolabe in Your Heart”の再録

――今回は“Astrolabe in Your Heart”がリレコーディングされていますが、ライブで演奏される機会が多いにもかかわらず、この曲が収録されていたファーストアルバム(2010年作『Astrolabe in Your Heart』)が廃盤になっているという背景があってのことですよね。

Michal2016年にリリースしたリレコーディングアルバムの『Aberration』では、その当時に在籍していた私とNaoki(ベース)が関わった曲じゃないと採り上げづらかったという事情もあったので、“Astrolabe in Your Heart”はあぶれちゃったんですね。そういう理由もありつつ、お客さんがCDでは聴けない現状を何とかしたかったので、今回は正式にナンバリングされるフルアルバムとは違った形態の作品ですし、リレコーディングするにもいい機会だなと思って」

2016年作『Aberration』トレーラー

――改めてこの曲についても解説をお願いします。

Michal「アストロラーベとは、天球儀というか、どの位置に星があるのかを見る天体観測の道具なんです。

私が加入する以前から、ANCIENT MYTHの歌詞は、星だったり宝石だったり花だったり、ファンタジックな題材を扱うことが多かったんですよ。それを継承しようと思ったときに、〈A〉から始まる、星に関係する言葉について思い巡らしていたんですが、この曲を聴いていると、ちょっとメランコリックな部分もあるけれど、基本的には前向きな感情を覚えたんですね。そこで、天球儀的なものが常に心の中にあれば、いつでも真っ直ぐの方向は目指せるんじゃないか、時が流れて、最初に思い描いていた理想が崩れていったとしても、軸がしっかりしてさえすれば、もう一回、同じ星を見ることができるだろうと。そういった希望を歌っている曲なんです」

――ライブでは演奏に慣れているとはいえ、いざレコーディングするとなると、臨み方は変わってきそうですね。特に原曲がリリースされたときのメンバーは今やMichalさんだけですから。

Shibuki「一番叩き慣れているはずの曲だったんですけど、僕はライブやリハでも、フィルとかを毎回変えちゃうんですね。だから、逆にちゃんとは固まってなかったんですよ。その中でベストなフィルはどれかなぁと考えてレコーディングに臨んだんですよね」

Kohei「今回のレコーディングについては……原曲からBPMが5上がったんでしたっけ?

最初に聴いたときは、ファンの方にも代表曲として捉えられている、バンドとしてもずっと引き継がれてきた曲だけあって、シンプルにカッコいいなと思ったんですが、その形を大事にしながら、Halさんの豪華なストリングスがプラスの要素になったり、ギターソロについても自分しかできないことをやろうと思って、8小節ほどだけですけど面白い要素を入れられたかなと思いますね」

Hal「ライブのときには、僕は原曲にない音もどんどん足していたんですね。それを音源としてきちんと形にしたいとは思っていたので、いい機会になったなと思います。このメンバーでレコーディングをすることによって、みんな一層、この曲に馴染むと思いますし。

それからMichalの歌ですよね。ソプラノのほうに進化したのと同時に、普通の歌い方も10年経って進化している」

Shibuki「あ、言い忘れた。Halさんのオーケストレーションがめちゃめちゃよくて。2サビから入ってくるホルンが最高です」

Hal「ホルモン(臓物)じゃないよね(笑)?」

――そこに戻りますか(笑)。でも、誰もが思うでしょうけれど、確実にかつての音源よりもよくなってますよね。“O Holy Night”と“Angels We Have Heard on High”というお馴染みのクリスマスソングも2曲入っていますが、これは今回のリリース時期に合わせたものですよね?

Michal「それもあるんですけれども、私がソプラノの歌い方を取り入れたのは『ArcheoNyx』からなんですが、それまでの作品でもアイデアとしてはあったんですね。実際に『Aberration』を録る1〜2年前からHalにはいろんな相談をしていて、2015年のクリスマスの頃に、実験的にクリスマスソングを録音してみたんですよ。私はカトリックの学校で聖歌を歌っていましたし。そのうちの1曲が今回も歌った“Angels We Have Heard on High”だったんですが、『ArcheoNyx』でANCIENT MYTHが生まれ変わった大きな要素の一つとしてソプラノボイスがある。その原点がこのクリスマスソングにもあることをお伝えしておきたいなって」

 

この4人で早くワンマンをやりたかった

――さて、2022年1月10日(月・祝)には東京・吉祥寺CRESCENDOでのワンマン公演が決まっていますが、『Ambrosian Blood』の発売記念ライブという捉え方でいいんですよね?

Michal「もちろんそうなのですが、『ArcheoNyx』と『Ambrosian Blood』の内容をどちらも表現するためのものですね。

私としては、この4人で早くワンマンをやりたかったんです。その経験をするからこそ、得られる価値観もありますから」

Shibuki「ワンマンというのは、僕は今まで経験したことがないんですよ。その意味でも楽しみですね。きっとこの日ならではのものもあると思いますし(笑)」

Kohei「『ArcheoNyx』に収録されていながら、まだライブでやってない曲もありますしね。いつも来てくださっている人も、初めて観る人も、ずっと楽しめるライブになるんじゃないかなと思います」

Hal「やる曲が増える分、準備も増えますけど、盛りだくさんでお送りします」

Michal「この日は私の誕生日なので、ぜひ遊びに来てください(笑)」

 


RELEASE INFORMATION

ANCIENT MYTH 『Ambrosian Blood』 Repentless(2021)

リリース日:2021年12月15日
品番:RETS-0029
フォ-マット:CD+DVD
価格:3,850円(税込)

TRACKLIST
1. Ambrosian Blood (music: Hal / lyrics: Michal, Hal)
2. Forbidden Blaze (music: Michal, Hal / lyrics: Michal, Hal)
3. Astrolabe in Your Heart (Re-Recording Version) (music: YURI / lyrics: Michal)
4. O Holy Night
5. Angels We Have Heard on High

DVD収録内容
・Music Video “Chaos to Infinity”“River of Oblivion”
・Music Videoメイキング映像 “Chaos to Infinity”“River of Oblivion”
・ライブ映像(2021年8月1日公演より)
“Chaos to Infinity”
“Crimson Stigmata”
“Meteor Hunter”
“River of Oblivion”

Produced by Michal & Hal
Mixed & Mastered by Hal

 

LIVE INFORMATION
ANCIENT MYTH ONE-MAN SHOW

2022年1月10日(月・祝)東京・吉祥寺 CRESCENDO
開場/開演:16:30/17:00
出演:ANCIENT MYTH

■チケット料金
スーパーVIPチケット ※SOLD OUT
限定数:6枚
価格:10,000円(ドリンク代別)
・最優先入場
・最前列確約(ロープ内、スーパーVIPエリアに入ることができます)
・物販最優先
・スーパーVIPパス(首から下げるものを予定)&オリジナルチケット付き(入場時のお渡し)
・終演後、メンバー全員との写真撮影(サポートベーシスト・翔己を含む5名+お客様)

VIPチケット
限定数:20枚
価格:5,000円(ドリンク代別)
・優先入場
・物販優先
・オリジナルチケット付き(入場時のお渡し)
・終演後、メンバー全員との写真撮影(サポートベーシスト・翔己を含む5名+お客様)

通常チケット
価格:3,500円(ドリンク代別)

チケット購入:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/026zsj36zq121.html

■配信
有料配信:3,000円
https://twitcasting.tv/c:crescendo_live/shopcart/119703
投げ銭:https://kichicre.thebase.in/items/56017709 ※撮り下ろし写真&書き下ろしサイン&メッセージ付きのお礼状が届きます!

 


PROFILE: ANCIENT MYTH
東京を拠点にする、女性ボーカルのシンフォニックメタルバンド。結成は2002年にまで遡るが、現在は2008年に加入のボーカリスト、Michal(ミカル)を中心に、ワールドワイドな活動を展開。2016年にリリースした、それまでの集大成といえるリレコーディングベストアルバム『Aberration』は、ヨーロッパでもリリースされ、同年には初めての海外公演を〈Metal Female Voices Fest〉にて行った。翌2017年には初めてのヨーロッパツアーを敢行、ドイツ、ベルギー、フランス、オランダなどで10公演を完遂。その後も中国や韓国等へも公演を重ね、知名度を高めて行く。メンバーチェンジが相次いだものの、バンドの軸は不変のまま強化され、起死回生を果たした作品『ArcheoNyx』を2021年夏に発表、各方面から過去最高傑作と絶賛された。その勢いのままに、ミニアルバム『Ambrosian Blood』をリリース。