THE抱きしめるズ『せかんどふぁーすと』初期サニーデイのような、ラフでいなたい部分とポップさの塩梅

2022.02.17

新体制で制作された5作目では、かつてのビート・パンク色は後退し、モータウンに島唄、ダンス・ポップなどを節操なく採り入れたメロディアスな路線にシフト。それでいて本分はガレージやブルース・ロックにあるようで、ラフでいなたい部分とポップさの塩梅は初期のサニーデイ・サービスのよう。唯一のオリジナル・メンバー=篠崎大河が担当することになったヴォーカルは、粗削りだが甘い声質と人間臭さがクセになる。

関連アーティスト