THE BACK HORN『アントロギア』再会を誓うラストは苦境を懸命に生きる人間を描く彼らだからこそ胸に響く

2022.05.16

“夢路”や“瑠璃色のキャンバス”といった包容力に満ちたものはもちろん、ラテン・フレイヴァーが妖しさを醸し出す“深海魚”に、紫煙が燻るトランペットとピアノに奇怪なギターが絡みつく“戯言”、緊迫した電子音とビートが迫る“ウロボロス”など実験精神に溢れたものまで、一貫して希望が綴られた全12曲。美しい和声が響き渡るなかで再会を誓うラストは、苦境を懸命に生きる人間を描く彼らだからこそ強く胸に響く。

関連アーティスト