トピック

Die, No Ties, Flyで活躍する長崎のビートメイカーpoivreが『So Far So Good』をリリース 多彩なインストとVOLOJZAら参加のラップ曲からなる新作

Die, No Ties, Flyで活躍する長崎のビートメイカーpoivreが『So Far So Good』をリリース 多彩なインストとVOLOJZAら参加のラップ曲からなる新作

poivreがニューアルバム『So Far So Good』を本日11月2日にリリースした。

ヒップホップユニット、Die, No Ties, Flyの一員としても活動するビートメイカー/プロデューサーのpoivre(ポワブル)。長崎を拠点に活動しており、2010年代前半からジュークやヒップホップなど、さまざまなジャンルを横断した、エッジーなビートメイキングをしてきた。

近年は、ラッパーのVOLOJZA、LEXUZ YENとDie, No Ties, Flyを組み、2020年の『Die, No Ties, Fly』、2021年の『THE FLY』とEPをリリース。そのほか、2021年にはソロアルバム『Diversity』を発表、VOLOJZAが率いるレーベル、VLUTENT RECORDSに所属するKAICHOOや同郷のPower DNAといったラッパーへのビート提供、リミックスの制作などの活動を行っている。

今回リリースされた『So Far So Good』は、インストを中心にしつつも、先行シングル“開く”などの3曲でラッパーを客演に迎えている。穏やかでリラックスしたものやハッピーなムードのパーティチューン、ピースフルなレゲエ風など、多彩なスタイルを披露しており、当初はレゲエとチルアウトを中心にした作品になる予定だったが、ラッパーの参加者が増えたことで、音楽性をさらに拡大したのだという。

客演には、“開く”のVOLOJZAとKAICHOO、W.Oのほか、“Party Gang”に東京のラッパーであるMOUNTAIN BとKAICHOO、“季節性”に福岡や佐賀、長崎で活動するラッパーのGOiTOが参加。

ラッパーが参加した曲のミックスとマスタリングはLEXUZ YENが、それ以外の曲のミックスとマスタリング、アートワークはpoivreが担当した。なお、“開く”のシングルのアートワークとミュージックビデオは、VOLOJZAが制作。

また、本作のプレスリリースを執筆したライターのアボかどから、『So Far So Good』についてpoivreに行ったQ&Aが特別に届いている。

■Q①
今回は穏やかなものやハッピーなムードの曲が多いですが、この方向性になった理由は?

■A①
最初はチルアウトやレゲエ、ダブのずっと聴けるようなインストの作品を目指してたんですが、ラップありの曲が3曲入ることになってパーティーな要素も加わりました。

■Q②
今作の制作において参考にした作品を3枚教えてください。

■A②
どれも通して何回も聴いている作品です。
Kenny Beats『LOUIE』
Alex Ho『Move Through It』
Tommy Guerrero『Soul Food Taqueria』

■Q③
制作は全てDAWですか?

■A③
はい、Logicをメインで使ってSpliceのサンプルだけでビートを組んでます。

■Q④
今回新しく挑戦したこと、意識したことなどがあったら教えてください。

■A⑤
今までラッパーの方々にビートを提供することは何度もあったのですが、自分名義でラップ入りの曲をリリースするのが初めてだったので新しい挑戦でした。それを踏まえて曲順、収録曲など、アルバムを通して聴きやすさを高めることを意識しました。

■Q⑥
客演の人選や組み合わせはどうやって決めましたか?

■A⑥
今年5月中旬にTwitterとInstagramでアルバム作るけど、参加したい人いますか?と問いかけて、応募があった中から決めました。作業が間に合わず一緒に曲作れなかったラッパーの方もいましたね。

■Q⑦
客演が入った曲はラッパーに合わせてビートを作った形ですか? それとも想定せずに作ったもの?

■A⑦
どのビートもラッパーに合わせて作っていないですね。ビートのストックから選んでもらった形です。
先行シングル“開く”のビートなんかは変わっているし、選ばれないだろうけど作ったからビートのストックに入れておいたんです。するとVOLOJZAさんがこのビート使いたいって言ってくれて“開く”として仕上がっていきました。

■Q⑧
“半透明”はDie, No Ties, Flyの“透明”のインストですが、今回のアルバムでラップが乗ったバージョンがある曲はほかにありますか?

■A⑧
ほかにはないですね。“半透明”はDie, No Ties, Flyの“透明”がいろんな方から好きだとか、よく聴いているってメッセージをもらっていたので、最後にボーナストラック的な要素で入れてみました。

■Q⑨
今回はかなりジャンルを跨いでいますが、今後作ってみたいジャンルなどあれば教えてください。

■A⑨
Amon Tobinの『ISAM』のようなSFっぽいジャンルの作品を作りたいですね。

■Q⑩
これからはどういう活動を予定していますか?

■A⑩
今回の作品にも関わってくれたVOLOJZAとLEXUZ YENの2人とやっているDie, No Ties, Flyのアルバムが半分くらいできているので良い作品に仕上げて来年リリース出来ればと思っています。

Die, No Ties, Flyのメンバーが随所でサポートした『So Far So Good』。ビートミュージックやインストヒップホップに限らず、ダンスミュージック/エレクトロニックミュージックのファンにもぜひすすめたい作品だ。

 


RELEASE INFORMATION

poivre 『So Far So Good』 poivre(2022)

リリース日:2022年11月2日
配信リンク:https://linkco.re/5aFUB2Gn

TRACKLIST
1. Sunrise
2. 開く (feat. VOLOJZA, KAICHOO, W.O)
3. Water Fall
4. No War
5. Party Gang (feat. MOUNTAIN B, KAICHOO)
6. 2123Raggae
7. 季節性 (feat. GOiTO)
8. So Far So Good
9. 半透明

ミックス:poivre/LEXUZ YEN
マスタリング:poivre/LEXUZ YEN
アートワーク:poivre

 


PROFILE: poivre
長崎は佐世保在住のビートメイカー。ヒップホップユニット、Die, No Ties, Flyの一員としても活動中。