トピック

新潟の新鋭ラッパーFoolsdayboyが〈ギフト〉をコンセプトにしたセカンドアルバム『Gift for Fools』をリリース

新潟の新鋭ラッパーFoolsdayboyが〈ギフト〉をコンセプトにしたセカンドアルバム『Gift for Fools』をリリース

Foolsdayboyが本日9月23日にニューアルバム『Gift for Fools』をリリースした。

新潟を拠点に活動するラッパー、Foolsdayboy。2020年に活動を始めたばかりの新鋭で、畳みかけるようなアグレッシブなラップをトレードマークに、リラックスしたフロウなども柔軟に使い分けるラップスタイルの持ち主だ。

Foolsdayboyは、活動開始と同年にファーストアルバム『Awesome Fools』をリリースし、2021年に2作のコラボEP(ROILOUXとの『Before Sunrise』湯煙beeとの『HOODY FOOL』)と2曲のシングル(“Fill up tonight”“Talking”)を発表。2022年に入ってからは同郷のラッパー、sagwonと共にレーベル〈RUBiK〉を立ち上げ、sagwonのシングル“Doppelgenger”に参加するなど、ハイペースに活動してきた。

そんなFoolsdayboyの待望のセカンドアルバムが『Gift for Fools』だ。本作は、〈ギフト〉をコンセプトにした作品で、RUBiKからリリースされる初のフルアルバムになる。〈普段聴いている音楽と同じ感覚で聴ける作品〉を目指したといい、アメリカの現行のヒップホップの潮流を踏まえたトラップを中心に、ジャジーで繊細な路線も導入されている。ラップにおいては、アグレッシブなスタイルだけでなく、メロディアスなフロウも披露し、時に内省的な側面も覗かせるリリックをじっくりと聴かせるアルバムになっている。

プロデュースは、『Awesome Fools』にも参加した新潟のWooRockが最多の9曲を手がけたほか、長野からkakasi(Road Leef/RAWLITTLENSS)も参加。さらに、同じく新潟でインストヒップホップ作品を精力的に発表しているninomiya tatsuki、福岡のgerardparmanとの初顔合わせも果たした。

客演には、レーベルメイトのsagwonとGOSPO(FLEX)の新潟勢に加えて、Foolsdayboyがラップを始めたきっかけになった楽曲だという“Hayate”(2019年)を生んだWarbo(Pitch Odd Mansion/Road Leef)も参加した。

なお、ミキシングとマスタリングはDJ KOL(STB Studio)が手がけ、アートワークはRUBiKの作品の多くに関わるイラストレーターのfu34shiが担当した。

本作のプレスリリースを執筆したライターのアボかどから、全曲についてのコメントが特別に届いている。

“狭間”
重苦しいシンセが印象的なトラップ。ここでのFoolsdaybooyは元々の持ち味である歯切れ良さはそのままに、Travis ScottやYoung Thugを思わせるメロディアスなフロウを導入している。

“Rollercoaster”
先行でMVも発表された曲。神秘的なシンセのループに沈み込むような808を合わせたトラップ路線に仕上がっている。力強く詰め込むようなラップのキレ味が見事。

“DoublePurpleBubble”
レイジ、というかThe Runnersあたりに通じるサイバーなシンセを使ったトラップ系の曲。Foolsdayboyは高速フロウと賑やかなアドリブでアグレッシヴに乗り込んでいる。

“Breathe in Here”
枯れたようなギターと穏やかなシンセを用いたエモーショナルな曲。メロディアスだが歌モノではなく、あくまでラップとして聴かせるようなフロウの組み方が光る。

“Strange Mission”
前作「Awesome Fools」収録の「Flagship」でも聴かせたようなフリーキーなサンプリングの曲。プロデュースは「Flagship」と同じくWooRockで、力強いラップとの抜群のコンビネーションが楽しめる。

“Lost? feat. sagwon”
優しい声で歌うようにラップするsagwonをフックとブリッジに配し、コーラスでも起用。gerardparman制作の哀愁漂うトラップビートもメロディアスな魅力を引き出している。

“窮屈”
引き続きgerardparmanプロデュース。メロウな歌声をサンプリングしたトラップビートに乗せ、硬軟織り交ぜたフロウで地元についてのラップを聴かせる。

“Muddy Road feat. GOSPO, Warbo”
長野のkakasiが手掛けた哀愁漂うブーンバップ。エモーショナルにラップするFoolsdayboy、ハスキーな低音で堅実なラップを聴かせるGOSPO、しなやかにフロウを落とし込んでいくWarboと三者三様のアプローチが楽しめる。

“信号機”
初顔合わせとなるninomiya tatsuki制作曲。美しいピアノをループした繊細なジャジー・ヒップホップ系のビートに、現行のアメリカのラップからの影響を消化した歯切れ良いフロウで挑んでいる。

“NORMAL”
パーソナルな領域に踏み込んだ曲。ストリングスやピアノにトラップマナーの808を合わせたビートに乗り、荒々しい発声でリリックをエモーショナルに表現している。

“246”
穏やかなギターや重厚なシンセが効いたトラップ路線。Foolsdayboyは歌うようなフロウでポップな側面を覗かせている。

“GIFT”
ソウルフルなネタ使いにダーティな低音を絡めた曲。音色としてはブーンバップ的だが、Foolsdayboyのメロディアスなアプローチもありトラップのような感触になっている。

“Side of Foolish”
Dreamville周辺を思わせるソウルフルなトラップ路線。展開も多く用意されたビートに力強いラップを乗せ、今作をエモーショナルに締めくくっている。

新潟発、気鋭のラッパーが放った快作『Gift for Fools』。新たな扉を開いたこのアルバムを、ぜひチェックしてほしい。

 


RELEASE INFORMATION

Foolsdayboy 『Gift for Fools』 RUBiK(2022)

リリース日:2022年9月23日
配信リンク:https://linkco.re/y5pFUpev

ミックス/マスタリング:DJ KOL(STB Studio)
アートワーク:fu34shi

TRACKLIST
1. 狭間 (Prod. by WooRock) 
2. Rollercoaster (Prod. by WooRock) 
3. DoublePurpleBubble (Prod. by WooRock) 
4. Breathe in Here (Prod. by WooRock)  
5. Strange Mission (Prod. by WooRock)  
6. Lost? feat. sagwon (Prod. by gerardparman) 
7. 窮屈 (Prod. by gerardparman)  
8. Muddy Road feat. GOSPO, Warbo (Prod. by kakasi) 
9. 信号機 (Prod. by ninomiya tatsuki)
10. NORMAL (Prod. by WooRock) 
11. 246 (Prod. by WooRock) 
12. GIFT (Prod. by WooRock)  
13. Side of Foolish (Prod. by WooRock)

 


PROFILE: Foolsdayboy
2000年4月1日生まれ、新潟出身のラッパー。Warbo(Road Leef/Pitch Odd Mansion)の楽曲“Hayate”に強く心を打たれたことをきっかけに、2020年からラッパーとしての活動を開始。活動を始めたその年にファーストフルアルバム『Awesome Fools』をリリースし、以降もコラボEPやシングルをハイペースで発表。2022年にはレーベル〈RUBiK〉を同郷のsagwonと共に立ち上げ、セカンドフルアルバム『Gift for Fools』をリリースした。アグレッシブなフロウと音楽への探求心を武器に、ラップミュージックの実験を繰り返している。