2014.04.08

クージへの偏愛(?)を歌った“COOGI”や“Gossip Girl”など、ノヴェルティー感の強い配信シングルを連発しているLUCK-END十影。本作はそれらの楽曲や客演モノ、エクスクルーシヴなビートジャックなどを山盛りにしたストリート盤で、ミックス担当がこれまた“CAZAL”などで人気のKEN WATANABEというのもアツい。“カプホなう”など露悪的なショウを楽しく展開しつつ、結びはBIG-Tと最後に共作した“DREAM ON”。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop