高橋芳朗presents「タワレコ洋楽月報」ブログ

放送後記:2014年12月22日

放送後記:2014年12月22日

あと半歩、洋楽に近づきたい貴方に送る360°洋楽エンターテイメント番組〈タワレコ渋谷洋楽第二企画室〉、進行役を務める音楽ジャーナリストの高橋芳朗です。2014年最後の〈渋2〉はクリスマス直前の放送ということで番組全編をクリスマス・ソング縛りでお届けしたわけですが、なかでもいちばんの盛り上がりを見せたのが特集コーナーの〈「クリスマス・ソングじゃないけどクリスマスを感じさせる曲」選曲対決〉。特にバトルを制した渋谷店ロック/ポップス担当の名物バイヤー、北爪啓之さん考案の〈シチュー系〉なる新ジャンル(?)は視聴者の皆さんにも大好評でした。以前にお店で展開した際も非常に評判だったというこの新しい概念、改めて北爪さんに解説していただきました。

*****

〈シチュー系〉とはわたくし北爪が勝手に提唱しているジャンルで、一言でいえば〈ホワイト・シチューのCMに使われそう〉な音楽のことです。あるいは遠い幼い記憶の中、遊び疲れた夕暮れ時にどこか知らない家から漂ってくるホワイト・シチューの優しく暖かな匂い……そんな想い出を想起させる音楽。決してビーフ・シチューでありません。まぁそれだけだとイマイチ通じないかも知れないので、もう少し具体的に説明するとすれば、ロックンロール登場以前のジャジーでスウィンギンな大衆音楽の雰囲気を醸しつつも、決して本物ではない、ロック世代が極めてノスタルジックな視点で描いたオールドタイミーなポップス。という感じでしょうか。そこには〈すでに失われた時代〉への憧憬と愛借があるゆえ、たとえ明るい曲調であっても必ずうっすらと甘くほろ苦い切なさを孕んでいる、と個人的には思うのです。それとヒジョーに感覚的なことなので恐縮ですが、ジャズ・ヴォーカルアコースティック・スウィングのように技巧的なものよりも、ヘタウマでズンドコしていても〈想い〉が先行している気がする楽曲のほうがシチュー系としてはより好ましいのです。

 

Hurricane Smith “Oh, Babe What Would You Say?”
from 『Don't Let It Die: The Very Best Of Hurricane Smith』

シチュー系とは彼の音楽を説明するために作られたような言葉です。長年音楽業界の裏方として働いてきた男が、49歳で叶えた歌手デビューの夢。古き佳き少年時代の思慕に満ちた楽曲と素人丸出しのドラ声に、胸かきむしられるほどのノスタルジアとイノセントを感じて泣けてきちゃうのです。彼の歌はほぼ全曲がシチュー系です。

 

Billy Field “Bad Habits”
from 『Bad Habits』

80年代初頭にちょっとだけ活躍したオーストラリアのシンガーです。白いタキシードにデカイ眼鏡というルックスのいなたさもたまりませんが、スウィンギンな4ビートとダミ声がハリケーン・スミスに負けず劣らずシチューぽくて最高。フォーマットはジャズですが、エレキ・ベースによるビートがロック的なのがまたフェイクな感じがして良いのです。

 

Martin Stephenson & The Daintees “Coleen”
from 『Boat To Bolivia』

少し前(2014年12月8日放送回)にバイヤーの長崎君が別の曲を紹介していた80年代UKのインディー・バンドですが、実はこんな素敵なシチュー系ソングもあるのです。まろやかで温かみのある歌声がとにかく心に沁みまくります。ホワイト・シチューのCMに似合うという意味ではこの曲が一番かも。なお同時期のUKインディー・ポップでは、ジャズ・ブッチャーヴィック・ゴダードなどにもシチュー系の佳曲があります。

 *****

いかがだったでしょうか? 人肌恋しいいまの季節にぴったりな〈シチュー系〉、ぜひお買い物の参考にしていただけたらと思います。北爪さんを審査委員長にお迎えして〈シチュー系選曲対決〉なんてのもいずれ企画してみようかな?

そんなわけで大盛況のうちに2014年を締めくくった〈渋2〉、2015年一発目の配信は成人の日=1月12日(月)20時よりタワーレコード渋谷店5階特設ステージより生放送でお届けいたします。本年も〈渋2〉をよろしくお願いいたします!
※詳細はタワレボにてチェック!

 

 

お知らせ)
タワーレコード渋谷店5階に、番組で紹介したCDが試聴できる特設ラックを設置しています! お店にお立ち寄りの際はぜひチェックしてみてください!

 

 

また、番組へのご意見ご要望、リクエストや取り上げてほしいテーマなどを随時募集中です! 番組のツイッターアカウントをフォローしてハッシュタグ【#タワレボ】【#渋2】をつけてツイートしてください! よろしくお願いします!

■ 番組ツイッターURL:https://twitter.com/yogaku_shibu2
■TowerRevolveProject(タワレボ)URL:http://www.towerrevo.jp/

 


 

12月22日放送分プレイリスト

*オープニング曲
Jimmy Fallon, Mariah Carey & The Roots “All I Want for Christmas Is You”

 

*セレブリティ・リサ、今週の御用達
Cyndi Lauper “Early Christmas Morning”
from 『Merry Christmas... Have A Nice Life』

TOWER RECORDS ONLINE

 

Honey And The Bees “Jing Jing A Ling”
from VA 『Snow: The Get Easy Christmas Collection』

 

*推薦盤
The Raveonettes “The Christmas Song”

iTunes

 

*バイヤーズ・バトル!
《5F》
ポップ・ロック担当:長崎耕平のイチ推し
Nick Lowe “Christmas At The Airport”
from 『Quality Street』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

ポップ・ロック担当:北爪啓之のイチ推し
The Yobs “Run Rudolph Run”
from 『The Boys』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

《4F》
ソウル/R&B担当:常谷 卓のイチ推し
Ohio Players “Sweet Sticky Thing”
from 『Honey』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

ワールド/レゲエ担当:磯野カツオのイチ推し
John Gibbs And The Unlimited Sound Of Orchestra “Steel Funk”
from 『Steel Funk』

TOWER RECORDS ONLINE

 

《6F》
ジャズ担当:秋吉恵美のイチ推し
Mario “Someday At Christmas”
from 『Best Man Holiday』OST

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

ジャズ担当:塩谷邦夫のイチ推し
Vince Guaraldi Trio “Skating”
from 『A Charlie Brown Christmas』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

*推薦盤
Sam Smith “Have Yourself a Merry Little Christmas”

 

*特集[〈クリスマスソングじゃないけどクリスマスを感じさせる曲〉選曲対決!]

★一回戦:ハッピー編

〈芳朗選曲〉
The Millennium “There Is Nothing More To Say”
from 『Begin』

TOWER RECORDS ONLINE

 

〈リサ選曲〉
Nikki Jean “My Love”
from 『Pennies In A Jar』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

〈北爪選曲〉
The Skyliners “ Pennies From Heaven”
from 『Since I Don't Have You』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

★二回戦:センチメンタル編

〈芳朗選曲〉
Nas feat. Chrisette Michele “Can't Forget About You”
from 『Hip Hop Is Dead』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

〈リサ選曲〉
Eric Clapton “Wonderful Tonight”
from 『Slowhand』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

 

〈北爪選曲〉
Hurricane Smith “Oh, Babe What Would You Say?”
from 『Don't Let It Die: The Very Best Of Hurricane Smith』

TOWER RECORDS ONLINEiTunes

【プロフィール】
高橋 芳朗

高橋 芳朗

元タワーレコード渋谷店スタッフにして元bounce編集部員な音楽ジャーナリスト/ラジオパーソナリティー。東京都港区出身。詳しくはTwitter @ysak0406 にて。タワレボ〈高橋芳朗presents タワレコ洋楽月報〉の紹介を中心にあれこれと。

TOWER DOORS