トロピックス、ソウルフルな風情になびいたインディーR&Bの装いがハウ・トゥ・ドレス・ウェルとも同調する2作目

2015.02.19

プラネット・ミューの鬼才がイノヴェイティヴ・レジャーへ移籍して放つセカンド・アルバム。今回はデビュー作における朝靄に包まれたサイケ感やノスタルジアから少し距離を置き、ソウルフルな風情になびいたインディーR&Bの装い。その姿はハウ・トゥ・ドレス・ウェルが3作目で見せた方向性とも共鳴するもので、音の輪郭も明瞭に。本人がジャケで顔を出したのは、そんな仕上がりに対する自信の表れなのかも。

関連アーティスト
TOWER DOORS