オランダの人種混成バンド、トリスタンの2作目は極上の歌と演奏でソウルの良心を取り戻す艶やかで熱気溢れるジャズ・ファンク

2015.05.12

昨年、結成12年目にして初フル・アルバムを出したオランダの人種混成バンドが早くも新作を発表。迫力あるアンサンブルで熱気溢れるジャズ・ファンクを奏でるスタイルは前作同様だが、躍動感のあるダンサーやジャジーなスロウは、より艶やかに。イヴリン・カランシーの女声リードもムード満点で、滑らかなミディアム・グルーヴの“Finally Found”ではヘストンとデュエット。極上の歌と演奏でソウルの良心を取り戻す。 

関連アーティスト
TOWER DOORS