バトンルージュの名裏方、ビート・フリッパの新作はソウル風味の佳曲含むローカルの泥臭さ磨いた路上バウンス仕立てのラップ盤

2015.10.29

キューピッドタイリー・ニールらの集う現行サザン・ソウルの好編集盤『I Got The Blues Vol. 1』を春先に送り出したバトンルージュの名裏方。今作はラップ・アルバムで、ポーキーの歌うサンクフルな“Feel So Good”などソウル風味の薫る佳曲も潜ませつつ、ローカルの泥臭さをギラリと磨いた路上バウンス仕立てだ。C・ロックマックス・ミネリヤング・ブリード、さらに悪党ビーロウの参加もアガる人にはアガるポイント。

TOWER DOORS