インタビュー

谷本賢一郎=フックブックローの平積傑作が語るEテレ人気番組とその音楽

「フック ブック ロー 日々はんせい堂 営業中」

谷本賢一郎=フックブックローの平積傑作が語るEテレ人気番組とその音楽

子どもから大人まで楽しめるEテレの人気番組から、注目の逸材をご紹介!

 〈福袋商店街〉で古くから続く本屋さん〈日々はんせい堂〉を舞台とした物語を中心に、幅広いジャンルの音楽や情報を織り交ぜて描くEテレのパペットバラエティ〈フックブックロー〉。番組の中でパペットたちに交じってひとり奮闘中のフリーター・平積傑作(ひらづみけっさく)を演じているのは歌手としても活動中の谷本賢一郎。

 「テレビのレギュラーは初めてで、僕自身大ファンだった〈クインテット〉の後番組ということで最初はもう無我夢中でした。番組も4月から4年目に突入し、今でも常に緊張感を失わないよう気をつけていますが、現場の雰囲気はかなり和やか。体調を整え、リハーサルをしっかりやって本番に臨めば何とかなってますね(笑)」

谷本賢一郎 『フック ブック ロー 日々はんせい堂 営業中』 NHKエンタープライズ(2014)

 店主の〈野辺留文句治(のべるもくじ)〉、その娘〈しおり〉、双子の常連客〈五四九(ごしっく)ゴージ&ダツジ〉、そしてミステリアスな看板猫〈リリック〉(※なぜか傑作とだけ話ができ、歌も上手)と、共演者は全て人形たち。歌やコントにミニコーナーなどが文字通り〈福袋〉のように詰まった10分間(平日の朝7:35~放送)。

 「僕より他のみんなの方が表情豊かだよってよく言われます(笑)。特に怒ったり何か企んでる時の顔は凄くリアル。操演の方々もその人形の専属で動きにもそれぞれ個性があって、声優さんとで魂は2つだけどそれが完璧に融合して見事に1つのキャラクターを作り上げている。全然人形だと思って接してないですね。自分の出演していないミニコーナーは僕も放送で初めて観るんですが、何か友達がテレビに出て会話しているのを覗いているみたいな不思議な感覚で、いつも楽しみにしています」

 山川啓介(作詞)&服部隆之(作曲)コンビによる番組オリジナル曲を始め、童謡・ポップスのカヴァー、クラシックの名旋律に歌詞を付けたものなど、これまで歌のコーナーで披露された楽曲は充実のラインナップ。

 「オリジナルはもちろん、カヴァー曲でも子どもたちにとっては僕の歌唱で初めてその歌と出会う可能性もあるので一曲一曲を大切に、耳で聴いて歌詞がちゃんと伝わるように気をつけて歌うように心掛けています。今回発売のDVD収録曲では、ダンスが苦手な僕が必死に覚えた振り付けをしながらセンターで歌っている“LOVEをプレゼント”(オリジナル)が特に必見です。あとは、みんなとアカペラで歌い上げた坂本九さんの“上を向いて歩こう”も面白いし、“クリスマス・サンバ”(オリジナル)ではスティールドラムにも挑戦しています。それから松田聖子さんの“瑠璃色の地球”のような曲は、視聴者の方から〈好きだった懐かしい曲を親子で一緒に歌えて楽しかった〉っていうお手紙を頂いたりして嬉しい。結構、幅広い年齢層に観られているんですよね。僕も、いつかゴージ&ダツジくんにチェッカーズの“涙のリクエスト”とかを歌って欲しいな……なんて思っていますけど」

 物語は時間の流れが止まった世界だが、いつも観ている熱心なファンがニヤリとするようなエピソードも。

 「途中からわかったことですがゴージ&ダツジくんは意外とお金持ちだったりして。僕とリリックの不思議な関係にもいつか謎が解ける日が来るのか…どうかはわかりませんが、とにかくこの役を長く続けたいです」

 これまで在籍していたコント集団〈ザ・ニュースペーパー〉を3月末で卒業し、夏にはミニ・アルバムの発売も予定と、歌手としての活動も本格化。今後の彼の活躍に大いに注目したい。

 


フック ブック ロー

老舗の本屋さん〈日々はんせい堂〉に集まる仲間たちのお話しに幅広いジャンルの音楽を織り交ぜて構成された、パペットと人間による子どもも大人もいっしょに楽しめるバラエティー。
Eテレ(教育)月~金曜日 午前 7:35~7:45(10分)【再放送】午後5:50~6:00(10分)

主な出演者・キャラクター

平積傑作(ひらづみ・けっさく)
(谷本賢一郎)
学生時代から〈日々はんせい堂〉で働くフリーター。歌を愛する心やさしい好青年だが、優柔不断な面も。しおりの良き友、もくじぃの良き片腕。

野辺留文句治(のべる・もくじ)
(声:中尾隆聖)
〈日々はんせい堂〉店主であり、古書部を経営。昔ながらの書店と本を愛する、好奇心たっぷりの元気じいさん。通称〈もくじぃ〉。孫のしおりを愛しながらも何かと張り合う。

五四九(ゴシック)ゴージ&ダツジ
(声:天野ひろゆき)
一卵性双生児(兄がゴージ、弟がダツジ)の受験生。5年浪人中だが危機感まったくなしのノーテンキ兄弟。しおりのファンクラブを運営。

野辺留しおり(のべる・しおり)
(声:折笠富美子)
文句治の孫娘で〈日々はんせい堂〉のネット部を経営。時にやさしく、時に自己中心的。ひそかにオーナーの座をねらっている。クールさと夢見がちな少女が同居する活発な現代っ子。

リリック
(声:浦嶋りんこ)
「日々はんせい堂」の看板ネコ。しおりより長く生きているらしい。傑作とは会話ができ、歌も歌う。ほかにも不思議な能力を秘めている模様…。

人形操演:人形劇・木ぐつの木
アートディレクション:藤枝リュウジデザイン室