2016.02.03

インドネシアの国営放送で1965年の100万人規模といわれる虐殺の加害者が、当時の虐殺の様子を自慢げに話している。番組内の観覧者からは加害者に拍手喝采! 加害者側が今も政権側であるインドネシアにおいて、加害者は「英雄」である。そんな「英雄」たちが楽しげに当時の虐殺を自分たちで映画として再現する様子をドキュメントした『アクト・オブ・キリング』の衝撃は記憶に新しい。本作は、同じスタッフによる姉妹編。今度は、遺族が近所に住む「英雄」たちに直接会い、命懸けでその罪を問う様を追う。「英雄」たちの「凡庸な悪」。それは他人事ではないはずだ。

40周年 プレイリスト
pagetop