片平里菜、歌に込めた感情の密度上昇した新作はSCANDALやcinema staffらアレンジャー陣が編み込んだ色合いのバランスも絶妙

2016.02.04

前作から1年半を経てのセカンド・アルバムは、すでにステージでじっくり磨いてきた曲もあり、ギターと歌声だけのライヴ録音で臨んだタイトル曲を象徴に、歌に込められたエモーションの密度があきらかに上昇していることを感じさせる出来映え。SCANDALcinema staffら初顔も含むアレンジャー陣が編み込んだ色合いのバランスも絶妙で、聴き手を惹きつけて止まない彼女の歌声にさらなる引力を与えている。

関連アーティスト