INTERVIEW

ドラゴンクエスト30周年、関連CDも3タイトル到着! 作曲家・すぎやまこういちが語る〈ドラクエの音楽〉

 【Click here for English translation of this page】

(C)Naoki Hashimoto

 

ドラゴンクエスト30周年 新しい伝説が始まる!

 1986年に第1作を発売して以来、ゲームソフト市場を牽引する人気シリーズとして今年30周年を迎えるスクウェア・エニックス社の《ドラゴンクエスト》。ゲームデザイナー(開発者)の堀井雄二、キャラクターデザイン担当の鳥山明と共に、音楽担当として製作陣に名を連ねるのは、歌謡番組の基礎を築いた《ザ・ヒットパレード》(昭和34~45年)の企画者、ディレクターであり、ザ・タイガースザ・ピーナッツのヒット曲を始め、数多くのCM・アニメ・映画音楽を手掛けた日本を代表する作曲家のひとり、「すぎやまこういち」だ。

 

――ゲーム音楽の歴史を創られましたね。あのキャッチーな〈序曲〉を知らない人はいません。

「〈序曲〉はぱっとひらめいて生まれたものですが、確かにCMなどで最初の2拍だけ聴こえて、後はナレーションが被ったとしてもインパクトがあるなと自分でも思う(笑)。基本的に《ドラゴンクエストI》の時から、どの楽曲も最初に頭の中でオーケストラの音をイメージして書いています。繊細なものから厚みのある音まで、オーケストラはゲームのあらゆる場面に対応できる最強の楽器ですからね。ファミコン時代はオーケストラで発想した音をPSG音源で使える2トラック(※3つ目のトラックは効果音用に確保)にどうやって煮詰めてうまく落とし込むかが課題でした。今はゲーム機で再生できるサウンドのクオリティも格段に向上したので、最初からオーケストラのスコアを書いて、可能な限りそれを実際に演奏したものをゲームに使用することが可能になりました」

すぎやまこういち,東京都交響楽団 ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オリジナルサウンドトラック キング(2016)

――3月に発売される《ドラゴンクエストX》の追加パッケージ「いにしえの竜の伝承」のサントラ盤には、過去のシリーズから名曲たちが大集合です。バレエ音楽の激しい踊りをイメージさせる[カタストロフ](II)やハリウッド超大作映画のスペクタクルを思わせる[戦いのとき](III)、西部劇っぽい哀愁の漂う[地平の彼方へ](V)、交響詩のような[エーゲ海に船出して](VI)…と楽曲ごとに違う表情を持っていますね

「ゲームの音楽は、オペラよりはバレエ音楽に近いものがあるかもしれません。特定の作曲家の影響を受けいているわけではないのですが、シーンの様子や筋書き、キャラクターの特徴などを考慮して、だいたい大きくわけて3つの手法で書いています。お城のような雰囲気のある建物が出てくる曲はバロック風、強い感情や意志を表す曲はロマン派で、ボスキャラとか強い悪者に関しては近現代の手法…といったかんじで。後はモチーフをしっかり決めて、例えば「悪のモチーフ」なら悪魔や魔王が出てきたときにそれをしっかり発展させて用います」

――2016年も、東京都交響楽団を始め、様々な名門オーケストラと全国のホールで23回を越える交響組曲《ドラゴンクエスト》のコンサートが予定されています。

「バレエやオペラのための音楽をオーケストラのコンサートでとりあげるのと同じ感覚です。しかもゲーム音楽を編曲して組曲を作るのではなく、本来の姿に戻す作業。指揮者としてはオーケストラをひとつの巨大な楽器に見立てて、それを演奏するような気持ちでいつもステージに立っています」

――今回の新譜は、トリオ・デ・クエスト(トランペット/トロンボーン/ピアノ)によるI~IIIの名曲選と、東京都交響楽団による《ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承》、ニンテンドー3DS版《ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君》のサントラが同時発売。30周年を記念するイヴェントなども続々と決定しています。ここまで成功して長く愛される秘密は何だと思いますか?

「ひとつには、開発者の堀井雄二さんにぶれがないことでしょうか。こうと決めた方針をとことん守り抜き、途中でデザインや音楽を変えたりすることがなかった。だからこそ僕も彼のやることに絶対的な信頼を置くことができる。今、最新作である《ドラゴンクエストXI》の音楽を作っているところです。堀井雄二さんの構想は、最初からすべてを新しく始めるつもりでやる、ということです。主要な街や村、フィールドとか全てを新曲でという注文。なので、今年は結構たいへんなのです(笑)」

 


LIVE INFORMATION

第5回東京メトロポリタン・ブラス・クインテット(京都)
~G.F.ヘンデルからドラゴンクエストVIIIまで~

○3/11(金)19:00開演
会場:京都コンサートホール アンサンブルムラタ
高橋敦(tp)中山隆崇(tp) 西條貴人(hr)小田桐寛之(tb)佐藤潔(tba)
/お話 すぎやまこういち
sugimania.com/

 

40周年 プレイリスト
pagetop