2014.05.20

2013年の復活第1弾作を経て、早くも届いた7枚目のアルバム。全体的にはリズム重視のテンポ感の良い楽曲がズラリと並び、ポジティヴなエナジーはそのままに、自然と口ずさみたくなる歌メロや身体が動く躍動感をたっぷり詰め込んでいる。磯部正文平林一哉の2人が作る曲も同じ風景を共有したような統一性があり、バンド感も増している。ハーモニカが郷愁をくすぐる“大きなボートと小さなヨット”も味わい深い。

関連アーティスト
TOWER DOORS