石崎ひゅーいの新作は須藤晃プロデュース、若き日のディランのように私的なテーマをシュールな言葉に変換したとんでもない一枚

2017.01.27

かつて尾崎豊らを手掛けた名プロデューサーの須藤晃が主役の天才のすべてを引き出したとんでもない新作。70年代フォーク・ロック風のサウンドとメロディーは耳に心地良いが、10分前後の大曲“溺れかけた魚”“謝肉祭”を筆頭に、愛、不安、夢、コンプレックスなどの私的なテーマをシュールでイメージ豊かな言葉に変換する鮮やかな手腕は、まるで若き日のボブ・ディラン。繊細さも激情も自由自在、歌の巧さも再確認した。

関連アーティスト
TOWER DOORS