2017.05.30

2005年からマイクを握る岐阜のシンガーが完成させたこの初EPは、同郷のG2先輩によるプロデュース。照れ臭くなるほどポジティヴなリリックが、ピアノやストリングスも配したエレポップ調のリディムと合わさり、胸にズキュンと突き刺さります。ロボ声加工のせいか、“キミとボク”を聴いた瞬間にアウル・シティの名前が浮かんだほど。NEO HEROや翔らを迎え、歌い手としての決意を表明するコンビ・チューンもエモい!

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop