INTERVIEW

CIVILIAN 『eve』 挑戦的な楽曲に変化した歌詞、最後まで一気に駆け抜けるファースト・アルバム

CIVILIAN 『eve』 挑戦的な楽曲に変化した歌詞、最後まで一気に駆け抜けるファースト・アルバム

「バンド名を変える前に作っていた曲もいくつか入ってるんですけど、当時焦って出すよりも結果的に今で良かったっていうところはすごくありますね」(コヤマ)

 

 改名、そしてメジャー・デビューから一年。繊細かつエモーショナルなメロディーと熱量の高いプレイをチャームに、『愛/憎』をはじめとする4枚のシングルで新たな世界観を展開してきたCIVILIANが、ファースト・アルバム『eve』を完成させた。

 「デモの段階から結構な出来映えでね、このままでいいんじゃない?っていう曲もたまにあって。コヤマのギターもリフで攻めるようなものが多くて、そういうのって前の名前でやってた時はあまりなかったから、かなり挑んでるなって思いました」(純市、Ba.)

 「もともとギタリストというよりはソングライターに憧れていたところがあって、つい最近まで自分がギタリストっていう自覚がなかったぐらいなんですけど、そろそろギター弾きとしての武器みたいなものをちゃんと持ちたいなと思うようになって」(コヤマヒデカズ、Vo./Gt.)

 「(コヤマが書く)歌詞も変わってきてるなあって思いますね。言い方とか伝え方のバリエーションが増えているというか、対象に対してどう思ってるのかっていうのがより明確になってきた」(有田清幸、Dr.)

「結果的に自分たち自身に向いてるところもあって。頭の中で浮かべている誰かに対しての言葉であっても、そこに無意識で自分の存在を感じてしまうというか。たとえば、実際に誰かから悩みごとの相談を受けてて、それって自分にも当てはまることだなっていうことがあると思うんですよ。相談に乗ってあげながら、そんな偉そうなこと言えないんだけどなって自分を省みちゃう、そういうところが僕には昔からあって、結果としてどの曲にも自分の存在が表れてしまうんです」(コヤマ)

 タイトル曲“eve”をイントロに、前のめりなバンドの今を象徴するスピード感に溢れたナンバー“一般生命論”からラストのバラード“明日もし晴れたら”まで一気に駆け抜けていくアルバム『eve』。

 「バンド名を変える前に作っていた曲もいくつか入ってるんですけど、今の演奏技術で、今の自分たちの感覚でやって成立した曲もありますし、当時焦って出すよりも、結果的に今で良かったっていうところはすごくありますね」(コヤマ)

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop