2014.06.25

ブルックリンシンガー・ソングライターが4年ぶりにソロ名義で3作目をリリース。2年のツアーと2年のオフ期間を経て〈ニッチから抜け出したい〉と心境が変化したそうで、今までのレトロR&Bオマージュは鳴りを潜め、メロディー重視のポップな聴き味に一変。ファンあたりのポップ/ロック作品を思わせる曲さえあり、過去作を好むリスナーの間では賛否を分けそうだが、シャウトの懸命さには熱いソウルマンの面影もある。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop