2018.10.19

ピーター・ガブリエルやユッスー・ンドゥールなどと共演を重ねてきたパスカル・ダナエがとんでもないトリオを結成。ドブロ、スーザホン、ドラムという特殊な編制でゴリゴリのデルタからベイルートを思わせるサイケな郷愁を誘うダウンテンポ、そしてニューオリンズからアフロまで。カリビアンなブルースならタジ・マハールが鉄板だがそれとはまた違ったアプローチの力強いサウンドだ。スーザホンが主旋律をとれば更に特殊なうねりが生まれる。何よりダナエの強く自由を求め、ルーツに思いを馳せる様はグアドループ奴隷制度復活に抵抗し命を落としたルイ・デルグレスの名を冠したバンド名にも表れている。

 


カリブ海にあるリーワード諸島で結成された3人組が、このアルバムでインターナショナル・デビュー。ピーター・ガブリエルやネナ・チェリーの手引きで欧州でも活躍するパスカル・ダエナのギターと歌を軸に、ブラック・キーズが体現していたブルージーなガレージ・ロックを独自に発展。カリブ音楽の要素が随所で飛び出すものの、トロピカルなリゾート感覚はなく、泥臭くてささくれ立ったムードがカッコイイ。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop