降谷建志 『THE PENDULUM』 表現者としての素直さも滲み出た、ソロならではの力作

2018.10.29

前作同様にほぼ独力での制作で、よりアッパーに進化した2作目。本隊を思わせるラウドさもありつつ、ピアノやストリングス、エレクトロニクスなどが有機的に絡み合うサウンドには、高い自由度と優れた構築の美がある。日本語詞もずいぶんと増え、気高さや温かさで聴き手を励ます言葉が並ぶ一方、わがままなくらいに自由を謳う“Playground”もあったり。表現者としての素直さも滲み出た、ソロならではの力作だ。

 

関連アーティスト