藍井エイル 『FRAGMENT』 重厚かつ疾走感あるロック・サウンドを軸にしつつ、解放感が満ちる復帰作

2019.05.02

昨年に電撃復帰したシンガーによる3年ぶりの4作目。その歌声は力強さを増した一方ですべてを包み込むような大らかさも得ており、休止中に募った歌への思いを形にした“約束”から3Dばりの立体的な聴覚体験に驚かされる。重厚かつ疾走感あるロック・サウンドを軸にしつつ、カノエラナが提供したパンキッシュなナンバーや、水野良樹のペンによる“今”など、解放感に満ちた楽曲群が今の彼女の心情を表しているかのよう。

関連アーティスト
TOWER DOORS