2019.06.06

〈自分たちの音楽的フェティシズムが色濃く出た〉という3作目。アプローチを広げた前作に対し、今作は確かに本能の赴くまま音を鳴らした印象。Creepy Nutsとのコラボではっちゃけたりもしつつ、夜ダンらしい踊れるロックを強気に突き詰めている。ミックスがかなりマッチョで、サウンドは大胆不敵なまでに歪んでいて、聴けばジャケの赤がしっくりくるはず。後半はコーラスの甘酸っぱさと優しく寄り添う歌詞に泣かされます。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop