ラ・ラ・ライオット 『Superbloom』 アーバン・ソウルやディスコ・サウンドの影響も色濃いポップソングが印象づける、大胆な変化

2019.09.13

レーベルを移籍して心機一転、NYのインディー・ロック・バンドが新たなサウンドを打ち出した3年ぶりの5作目。アーバンなソウル・ミュージックやディスコ・サウンドの影響も色濃いポップソングが印象づけるのは、大胆な変化だ。ノスタルジックなところも含め、1975との共鳴も感じられる。ロスタム・バドマングリ(元ヴァンパイア・ウィークエンド)がプロデューサーとして参加。

関連アーティスト