INTERVIEW

西恵利香『Love Me』 変化することを止めたら終わりだと思っている

西恵利香『Love Me』 変化することを止めたら終わりだと思っている

どんな私でも愛してほしい――ありのままを追求した麗しの新作

いまの自分が聴きたい音楽

 夜のしじまに溶け込むような、とてもリラックスできて、気持ち良く身体を揺らされる音。歌い手の体温が確かめられるぐらい近い距離感でやさしく歌いかける声。西恵利香の1年10か月ぶりとなるニュー・アルバム『Love Me』は、それそのものが〈リフレッシュ〉的なテーマで並べられたプレイリストのようで、何度も再生を繰り返したくなる。ソロ・シンガーとしてのキャリアをスタートさせて、もうすぐ5年となる彼女が、本来やりたかったことに近づくことのできた前作『soiree』でひとつ手応えをつかみ、それを経ての今作。ここにいるのは、いま、ありのままの西恵利香。

西恵利香 Love Me para de casa(2019)

 「作っている段階で聴いていたジャンルであるとか、いまの自分が聴きたいと思う音楽を作ろうとした作品なので、『soiree』とはまた違う感じになったと思うし、そのぶん出すことにけっこうビビッてます(笑)。もちろん自信はあるし、だからこその〈Love Me〉ではあるんですけど。変化することを止めると、たぶん終わりだと思っているから、変わっていかないと残っていけない。そんな私でも好きでいてほしいっていう意味での〈Love Me〉。そこも含めて伝わってくれたらいいなって」。

 彼女がいま好きな音楽、というよりそもそも好きだったR&Bやヒップホップのなかに、昨今のチル・ポップやローファイ・ヒップホップ的なリラクシズムを落とし込んだ今作のサウンド観。そのイメージを共に具体化した作家陣には、これまでの作品でも好相性を見せてきた及川創介(元CICADA)や筑田浩志のほか、昨夏の配信シングル“DAY”でナイスワークを聴かせたPARKGOLF、SIRUPとの共作や多数のCM曲も手掛けるChocoholic、初の手合わせとなるMori Zentaro、MONJOE(DATS)、Shin Sakiuraといった面々が名を連ねる。

 「前作よりもよりクラブ・ライクになったというか、DJで使ってほしいなとか、クラブでかかってたら嬉しいなとか、そういうイメージの曲がほとんどで、真っ昼間をイメージしたのは(先行配信された)“ROMANCE”ぐらいかも知れない。『soiree』のときもわりと夜のイメージで書いてたんですけど、こっちは真夜中から明け方にかけてのイメージ。歌詞も、夜中にベッドの上で書いたりしたものも多かったんですけど、いただいたトラックのイメージも、不思議なことにみんな夜っぽいものが多かったですね。

初めて組んだトラックメイカーの方々も、こういう曲が好きで、こういうものをやっていきたいんですけど、っていうことをお話しやすかったですし、だからこそいろいろ……気が早いですけど、3枚目とかではもっと変わっちゃうかもしれないですね。またラップやってるかもしれないし(笑)。でも、今回もわりと言葉を詰めている曲が多かったり、ラップに近いフロウみたいなものにも挑戦してます。それに、歌い上げる曲がほぼなくなりましたね。そういうのが嫌になったわけじゃないんですけど、単純にいまの気分がそうだったっていうのと、〈歌が上手いね〉って言われることが、嬉しいことでもあり、ずっとコンプレックスだったんです。上手いだけじゃなく、それ以外の特徴も欲しくて」。

 しっかり歌っているのは“ROMANCE”ぐらいで、それでもデビュー当時のスタイルと比べればかなり控えめ。全体的に力を抜いたヴォーカルを聴かせながら、それで〈やせ細る〉どころからふくよかさが増している印象を与えているのは、丁寧に重ねられたコーラスワークによるところも大きい。

 「どこに自分っぽさを出そうかなって考えたたときに、コーラスワークに行き着いて。ベタですけど、アリアナ・グランデをよく聴いてるので、こういうフェイクの仕方があるんだ!とか、このコーラスすごくイイなとか、っていうのを参考したところはありますね。かなりがんばったので、主メロの歌を録るよりコーラスにかけた時間のほうが全然長かったです」。

 

自分の人生に合った歌

 音の興味もさることながら、すべて自身で手掛けた〈詞〉についても、変化が見られる。

 「30歳になったので、そこはけっこう大きくて。30になったいま、何を感じて、誰に向けて歌いたいかって考えると、やっぱり同世代の女性や、ちょっと下の子たちに向けるのが自然かなって。友達からは結婚してママになったっていう話もよく聞くし、相変わらず仕事に熱心なコもいる。人生の分かれ道だけど、みんな毎日がんばってることに変わりはないから、自分も含めてそういう人たちのがんばりを肯定して、背中を押してあげられるようなことを書きたいなって思って、書きました。

すべて女性に向けてではありますけど、男性が聴いても女心を感じ取ってくれるかも知れないし、そういう意味でも〈Love Me〉かなって。自分は自信家でもないし、基本はネガティヴなんですけど、でもそう思い込んじゃうとどんどん卑屈になっていっちゃうから、自分を愛してあげれば人生楽しくなるんじゃないかな、ってう気持ちです」。

 少し前まで背伸びして歌っていたようなことも、リアルな年頃に。リード曲“オンリーユー”における〈知らない誰かの温度が心地良い〉〈知らない誰かに もう全部あげてもいい〉といった言葉には、行動を伴うかはさておいても、大人の女性なら誰しもが抱えているであろう素直な心情が受け取れる。

 「〈オンリーユー〉って言うと重たいんですけど、恋愛って結果、重たいものじゃないですか。そういう重たさとかを私も経験してるし、その気持ちわかるよってことを歌いたかったんです。“オンリーユー”は、失恋して、寂しさをまぎらわすためにクラブに行って、夜通し踊って、そのへんの人と朝帰りしちゃった女の子のストーリーなんですけど、そういうのもひとつの人生だし、この作品の中に生きてる女の子を象徴する、そんな歌かなって思っていて。

いろんな生き方を経験している女の子がこのアルバムにはいるんですけど、もしかしたらひとりの女の子の歌かも知れないし、もしかしたら西恵利香の歌かも知れないし……誰にでもひとつは当てはまる歌があるんじゃないかなと思ってます」。

 風通しの良い制作環境のなかで、より際立った彼女らしさ。ありのままの自分を表すように、〈ヌーディー〉をコンセプトとした柔らかい色合いのヴィジュアルも麗しく、また、ここからまた鮮やかな色合いを身に付けていくかもしれない、という意味もそこには忍ばせていて。

 「この先どう変わっていくか、どこを残していくか、このアルバムを起点に考えていきたいと思っています。これからもっといろんなこと、人並みの幸せも経験したいと思ってるし、そういう人生を歩むことで歌うことも変わってくるだろうから、自分の人生に合った歌を長く歌っていくことが、『Love Me』を作り終えたいまの私が思い描いている理想ですね」。

西恵利香の近作。

40周年 プレイリスト
pagetop