グレース・ヴァンダーウォール 『Letters Volume 1』 〈ティーン〉のイメージを払拭する、ソウルフルで深みを増した歌

2020.01.06

弱冠12歳で自作曲を披露した「America's Got Talent」での優勝から3年、“Ur So Beautiful”“Waste My Time”など2019年のシングルを軸にしたミニ・アルバムが登場。イド・ズミシュラニーらによるアトモスフェリックな音像を支配する歌唱表現はさらに深みを増し、伸びやかな掠れ声をソウルフルに響かせる“The City”が特に最高。〈ティーン〉のイメージで語られる時期を早く過ぎてほしいと改めて思わせられます。

関連アーティスト
TOWER DOORS