SAKANAMON『LANDER』ひねくれているのに真っ直ぐに心に届く、それがSAKANAMON

2020.02.25

通算6枚目のフル・アルバム名は〈着陸船〉を意味する『LANDER』。リード曲の“HOME”は、陽気なサウンドの中に、ちょっぴりの哀愁とほっこりとした懐かしさが滲むポップ・ソング。結婚する友だちへ向けた“YOKYO”は、クスリと笑わせつつ、感謝と祝福の気持ちがたっぷりに溢れている。打ち込みが光る “WOULD YOU LIKE A HENJIN”や、タイトルからしてトリッキーな“少年Dの精神構成”があるかと思うと、“アフターイメージ”“矢文”では爽やかに胸をキュッとさせてくる。“コウシン”は、漢字を当てはめないからこそ、あらゆる意味の〈コウシン〉をはらんでいて、今までの自分をすべて抱えながら前に進める力強さがある。ひねくれているのに真っ直ぐに心に届く、それがSAKANAMON。

関連アーティスト