PR
インタビュー

横沢俊一郎、素直で天邪鬼な音楽家は〈絶対大丈夫〉と言い切る

勝負の新作『絶対大丈夫』インタビュー

横沢俊一郎、素直で天邪鬼な音楽家は〈絶対大丈夫〉と言い切る

極めてインディペンデントな活動を続けながら、限定店舗で販売した『横沢デモ』(2017年)とアルバム『ハイジ』(2018年)で、じわじわと話題を呼んだ一人多重録音シンガー・ソングライターの横沢俊一郎。2019年にはアメリカ・ツアーを敢行、『ハイジ』がFADERなどの米メディアから注目されるなど、海を越えた活躍も注目されている。その横沢が、待望のセカンド・アルバム『絶対大丈夫』をリリースした。

スウィートなメロディーとドリーミーなベッドルーム・サウンド、生々しくあけすけな歌詞……横沢の魅力は、本作でさらに研ぎ澄まされている。さらに『絶対大丈夫』は、バック・バンド〈レーザービームス〉と行っている精力的なライブの成果も伝える。アルバム・タイトルそのままの、とても力強く、ひたすらにピュアなポップ・アルバムがここに届けられた。

今回はそんな新作について、ライター/編集者の九龍ジョーがインタビューを行った。雑誌「POPEYE」で横沢を取り上げるなど、横沢の積極的な紹介者であり理解者である九龍の視点から、『絶対大丈夫』の背景と音楽家・横沢俊一郎の姿を明らかにする。

TOWER DOORS