PR
インタビュー

新生SpecialThanks、最高潮! バンドの楽しさが詰まったアルバム『SUNCTUARY』を語る

(左から)Toshiki、Misaki、YOSHIDA、KOUSUKE
 

全ての楽曲を手がけるMisaki(ヴォーカル/ギター)を中心に、彼女のパワフルさと可憐さを兼ね備えた歌声と抜群の歌唱力、メロディック・パンクやギター・ロックを軸とした多様なサウンド・アプローチでライブハウスを賑わせるバンド、SpecialThanks。2018年12月に旧メンバーの脱退により、一時期はMisaki1人になってしまう事態に直面したが、2019年7月に、ライブのサポートを務めていたToshiki(ギター)、KOUSUKE(ベース)、YOSHIDA(ドラムス)が正式加入。新たに4ピース・バンドとして生まれ変わった。

そんな彼女たちが、新体制となって初のフル・アルバム『SUNCTUARY』を完成。力強い希望のメッセージに満ちたメロコア・チューン“ムーブメント”を筆頭に、ドリーミーな幕開けから美しくも狂騒的な夜へと雪崩れ込む“ミラコーナイト”、骨太なバンド・アンサンブルが新境地を映す“dreaming”、ありのままの自分でいられる日々の歓びを形にしたミディアム“day&night”、TVドラマ「捨ててよ、安達さん。」のエンディング・テーマにも起用されている温かなギター・ロック“明日も明後日も”など、充実の全11曲から伝わってくるのは、今のスペサンが心の底から楽しんで音楽を奏でているということ。苦難を乗り越えて、今ようやく一つのバンドとなった彼女たちが、その先に見つけた〈サンクチュアリー(=聖域)〉とは一体どんなものなのか? メンバー4人に話を聞いた。

初対面でいきなりライブ

――Misakiさん以外の現メンバーは、2019年7月27日に開催されたバンドの結成10周年記念ワンマン・ライブで正式加入を発表したわけですが、そもそもどういう経緯で集まったのですか?

Misaki(ヴォーカル/ギター)「まず、2018年の年末に、前のメンバーがバンドを抜けて私1人になることがわかっていたんですけど、私の中にはそもそも〈バンドを辞める〉という選択肢はなかったんです。ソロ活動とか〈Misaki with ○○〉みたいなスタイルではなく、バンドをやることが理想だったので、その前からサポートを1年ぐらいやってくれていたドラムのYOSHIDAと一緒にメンバーを探そうという話になって。Toshikiには先にサポートをお願いしていたので、彼に〈いいベースいない?〉って訊いたら、KOUSUKEを紹介してくれたんです」

YOSHIDA(ドラムス)「そのときには2019年2月のライブが決まっていたんですよ」

Misaki「でもライブをキャンセルするつもりはなかったので、とにかくサポートしてくれる人を探していたら、KOUSUKEがやってくれることになった。でも、当時、ToshikiとKOUSUKEは大阪に住んでいたので、なかなか直接会うことができなくて。KOUSUKEとはライブ当日に初めて会ったんですよ。ギリギリのなか、埼玉のライブハウスまで来てくれて」

YOSHIDA「昼間にリハに入るときに、〈はじめまして、今日はよろしくお願いします〉みたいな感じで(笑)」

――えっ!? そのときのライブは大丈夫だったんですか?

Misaki「まあいろいろありつつ(笑)。でも成り立ってはいたよね?」

Toshiki(ギター)「評判は良かったです(笑)。初めて感がないって」

YOSHIDA「で、その夜にガッツリ打ち上げをして」

KOUSUKE(ベース)「初対面だけど朝まで喋り倒すっていう(笑)」

関連アーティスト
TOWER DOORS