PR
インタビュー

B.O.L.T『Attitude』Dragon Ashのヘヴィーなカヴァーや新境地的バラードで〈発信する姿勢〉を強めた飛躍作を語る

表現力を増した歌と幅を広げたサウンドに呼応する一挙一動が見逃せない! 〈one move, one passion〉で伝える今の4人のアティテュードとは?

自分たちから発信していきたい

 TOTALFAT、SpecialThanksらメロコア/ポップ・パンク系のアーティストが提供した楽曲を、エッジーかつキュートに表現する4人組、B.O.L.T。8月からは初のライヴ・ツアー〈#BOLT関東デマス ~初ライブツアーの巻~〉も開催し、さまざまなシーンで知名度を高めている彼女たちから、セカンド・アルバム『Attitude』が届けられた。先行シングル“Don't Blink”“スマイルフラワー”を含む本作には、〈アグレッシヴなロック・サウンド × キャッチーなメロディー〉を軸にした楽曲を収録。『Attitude』というタイトル通り、グループの姿勢とスタンスが明確に示された作品となった。

 「ファースト・アルバム『POP』から1年ちょっとでセカンド・アルバムを出せることは本当にありがたいなと思います。前作は〈周りからの刺激に対して、どう感じたか?〉という作品だったんですけど、今回はもっと自分たちから発信していきたくて。結成2周年を迎えて、よりアクティヴになったB.O.L.Tを感じてもらえると思います。SpecialThanksさんやTOTALFATさんをはじめ、今回も素晴らしい方々に楽曲を作っていただいて、クレジットを見るたびに鳥肌が立っちゃいますね(笑)」(高井千帆)。

 「作家の皆さんも、私たちの成長を感じながら楽曲を作ってくださってるんだと思います。今回のアルバムは〈one move, one passion〉というコンセプトで、楽曲ごとに体のパーツと動作のテーマがあって。例えば“スマイルフラワー”は〈笑顔〉、“Don't Blink”は〈瞬き/ウインク〉なのですが、ステージでの私たちのアクションにもぜひ注目してほしいです」(内藤るな)。

 「1年前の『POP』に比べると、〈ここを強く歌おう〉とか、歌に対する感情の込め方や姿勢が変わってきて。今年から中学生になったし、歌詞の意味をより理解したり、解釈することも少しずつできるようになってきたと思います」(青山菜花)。

 「この1年の経験を活かして、ちょっとずつ自分を出せるようになって。どの曲も今まで以上に丁寧に歌ったし、現時点での最大限は出せたと思います。今の自分より明日の自分のほうが良くなるようにがんばりたいです」(白浜あや)。

タグ
関連アーティスト