2020.06.30

カリードとのコラボで名を上げた女性シンガーによる1年半ぶりの2作目。ダウンテンポなR&Bを気怠げに歌う彼女のスタイルは、引き合いに出すならSZAやジェネイ・アイコあたりだろうが、ブルーな内省やエモな抑揚はさほどなく、ポップ寄りの意匠と相まって、ひたすらスタイリッシュかつチルい聴き心地が続く。節回しにフェイクをあまり入れず、サラリとメロディーをなぞっていく歌い口もその心地良さの一端だろう。とはいえ、ファルセットのかすれ具合に艶を感じる“Who Got Me”や、客演のナズに合わせてかヒップホップ・ソウル臭漂う“Until I Met You”の太いビートに映える華やかなハイトーンなど、彼女の魅力が溢れる美点は耳を凝らせば方々にあるのだが。気づけば何周も聴いている好盤。

関連アーティスト
TOWER DOORS
pagetop